第21週 「おらたちの大逆転」


アキ(能年玲奈)と春子(小泉今日子)のもとに、夏(宮本信子)が倒れたという連絡が入る。
心配するアキを制止し、春子が一人、北三陸に旅立つ。
駆けつけた春子がみまもる中、夏は心臓の大手術を受ける。
その頃、アキは太巻(古田新太)がプロデュースする映画『潮騒のメモリー』のヒロイン役のオーディションを受けていた。
それは、かつて春子が秘密裏に主題歌を歌った『潮騒のメモリー』のリメイク作品だった。
さまざまな思いを胸に、審査に臨むアキ。
一方、春子は夏に付き添い、しばらく北三陸にとどまることを決める。
その間、自宅で種市(福士蒼汰)と二人っきりになったアキ。
いつもとは違う雰囲気にドキドキする中、アキの異変に気づいた春子が水口(松田龍平)を自宅に走らせ…?!
そして映画のオーディションはいよいよ最終審査に。
太巻が厳しい目を光らせ、ライバルにはかつてのGMTの仲間・小野寺薫子(優希美青)がいる中、アキはヒロインの母親役の鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)との芝居のテストに挑む。