第7週 「おらのママに歴史あり」


アキ(能年玲奈)の誕生パーティーで忠兵衛(蟹江敬三)が爆弾発言。
アキは、春子(小泉今日子)の隠された過去を知る。
若き日の母の姿をもっと知りたいアキは、春子がかつて使っていた部屋を探り、町の人々に話を聞いて回る。
次第に分かってくる春子がかつて抱いた大きな夢や、夏(宮本信子)との衝突、家出の理由に驚きを隠せないアキ。
一方、地元テレビ局の番組に出演も決まり盛り上がるユイ(橋本愛)は、一緒に上京してアイドルを目指そうとアキを誘うが、すかさず春子に反対される。
その頃、忠兵衛が遠洋漁業の漁師を引退することを突然宣言し、スーパーの鮮魚売り場で働くことに。
どうやら心臓の調子が良くなく医者に止められたらしい。
正宗(尾美としのり)も勝手に地元タクシー会社への就職を決めてきて、天野家は5人家族に。
さらに、リアスには風変わりな青年・水口(松田龍平)が現れる。
何と琥珀に興味があって勉(塩見三省)に弟子入りしたという。
海への思いが断ち切れない忠兵衛は、職場から逃亡。
再び遠洋漁業に出たいと言い出す。
別れの辛さをこらえる夏に、アキと春子が寄り添う。
そして、忠兵衛の送別会、ついに春子が長年封印してきた歌を歌う瞬間が?!