第1週 「おら、この海が好きだ!」


2008年夏、高校生の天野アキ(能年玲奈)は、母・春子(小泉今日子)の故郷である岩手県北三陸市にやってくる。
春子は高校生のときに家出同然で上京したきりだったが「母危篤」の知らせを受け、娘を連れて24年ぶりに故郷に足を踏み入れたのだった。
東京育ちのアキには、風景や人々の言葉など、すべてが新鮮に映る。
そして最も衝撃を受けたのは颯爽と海に潜る海女の姿。
しかしそれは危篤のはずの祖母・天野夏(宮本信子)であった。
実は夏が危篤という知らせは、春子を町に呼び戻そうと幼なじみで北三陸駅の駅長・大吉(杉本哲太)がついた嘘だった。
町おこしに燃える大吉は「海女引退を宣言した夏の後継者に春子を」と目論んだのだ。
しかし、24年ぶりに顔を合わせた夏と春子はぎくしゃくしたまま。
口論の末、春子は東京に帰ろうとするが、アキは町に残ることを選ぶ。
そして「海女になりたい」と宣言。
夏や町の人々は大喜びするが、春子だけは反対する。
親子二人で話をする春子とアキ。
そこで春子は自分の過去を初めて語る。
かつて、周囲の期待を受けながら、海女になることを拒み、家出同然で上京した春子。
娘のアキが初めて示した熱意を前に春子は、ある答えを出す。