RYOの書斎

2006/10/01−2007/05/26

特定の日記にリンクを貼りたい場合には、「この日記へのリンク」をクリックした先のアドレスを指定すると確実です。

2007年05月26日
『恋する日曜日』
大政絢主演の、「近くて遠い恋」
最近コメディ系の話が多かった中で、久しぶりに正統派の感動系でした。
素直に胸を打ちました。
テーマになった歌が、「母をたずねて三千里」っていうのも、よかったです。

大政絢は6月の最終週に放送される、『恋する日曜日 第3シリーズ』の最終話、
「昭和アニメ大行進 〜君は恋を信じれるか〜」でも主演です。
その次の週からは、銭形海がスタート。
絶妙な流れだね。
この日記へのリンク
2007年05月16日
昨日の話の続き。

アンドリウという人は、非常に遊び心のある人なので、
ケータイ刑事の劇場版に、次回作のヒントを入れています。
昨日の特番で種明かしがあったので、ご覧になっていない方のために、
一応ここでもフォローしておくことにします。

(ケータイ刑事 THE MOVIE2 ノベライズ 241ページ)
2人のおじさんはロープの切れ端で作ったアヤトリに熱中していた。
それでも雷と零の姿を確認すると、顔色を変えながら、
「お前たちは海より深い罪の持ち主」 「おお、正にその通り」 「殺したければ、殺せ」 「やれ殺せ」とわめき散らす。


わかりましたか?
わからない人のためにわかりやすくしてもう一度。

2人のおじさんはロープの切れ端で作ったアヤトリに熱中していた。
それでも雷と零の姿を確認すると、顔色を変えながら、
「お前たちは
より深い罪の持ち主」 「おお、まさにその通り」 「殺したければ、殺せ」 「やれ殺せ」とわめき散らす。

つまりケータイ刑事の次回作は、「大政絢&海」ということになります。
普通に小説を読んだだけで、このヒントに気がついた人はいるのでしょうか。
作品自体、映画よりもノベライズの方が出来がいいので、
興味のある方は一度ノベライズ版を読んでみてはいかがですか。
この日記へのリンク
2007年05月15日
7月からスタートするケータイ刑事の最新作が本日発表。
タイトルは、「銭形海」
主役は、「大政絢」
大政絢は生放送特番のあと、BS-iナイターで始球式&ゲストも務めました。

本日正式発表とはいえ、1年以上も前に決定済みだったので、
発表まで長かったなぁ、というのが正直な感想。
改めてここの日記を読み返してみると、
1月5日の日記で、ものすご〜〜〜く、遠回しな書き方してるよ、私。(^_^;)
相棒は、2月23日の日記で書いた通り、バーボン刑事です。

この日記へのリンク
2007年05月12日
「恋する日曜日」
本日は、佐藤二朗主演、佐藤二朗脚本の、「アダルトな恋」
レンタルビデオ店のアダルトコーナーをめぐる男たちの物語。
ケータイ刑事でも佐藤二朗の脚本作品は面白かったので期待してたんですが・・・・・。

もう最高です。
これは名作だよ、いろんな意味で。(笑
この日記へのリンク
2007年05月06日
スカパーでウルトラマンタロウの放送がスタート。
DVDは持っているけど、忙しくて全く見ていないので、かなり久しぶりの視聴。

やっぱりウルトラマンタロウの主題歌はかっこいいなぁ。
ついつい一緒に歌っちゃうよ。
作詞家の阿久悠本人も、この歌がかなりのお気に入りらしいし、
まさに自他共に認める名曲だね。
この日記へのリンク
2007年05月01日
おはスタ。
優里亜様が出演するので久しぶりに視聴。
優里亜様のおはスタ出演は3年8ヶ月ぶり。
今日の優里亜様は、おはガール時代のやる気のない優里亜様ではなく、
おはガール卒業後のやる気のある優里亜様。
エンディングの、「ぐるりんちょ」もなくて残念でした。
芳賀優里亜の数々のやる気なし伝説については、いつか機会があれば語ってみたいなと。
ところで今日何回、「優里亜様」って書いた、私?

昨年の旧PCの故障以来、PC1台体制で来ましたが、ようやく追加のPCを購入。
晴れて2台体制に戻ると同時に、今日から新PCを使って更新してます。
でもまだソフトの移行が全部終わってないし。
しかもVISTAは想像以上に使いづらいし・・・・・。
この日記へのリンク
2007年04月21日


おはスタを卒業して、はや三週間。

昔のデータを整理してたら、
こんなのが出てきましたよ。

この日記へのリンク
2007年04月14日
「恋する日曜日」に、南沢奈央が登場。
誰もが予想した通り、演技がニュータイプの頃から全然進歩してない。(^_^;)
こんなんで、「生徒諸君!」の委員長役、ほんとに大丈夫かしら。
「帰ってきた時効警察」には小出早織が出てるし、
アンドリウが発掘した若手が、再び巣立ちを始めた感じですね。

それにしても、内山理名・堀北真希・南沢奈央と、
妙に、「生徒諸君!」の出演者には、アンドリウが発掘した女優が多いな・・・・・・・・・
と思ったら、3人とも所属事務所が同じなのかい!
この日記へのリンク
2007年04月07日
「恋する日曜日 第3シリーズ」、今日から第2クールに突入。
本日は、内山理名の主演で、『尽くす女の恋』。
テーマになった歌が、うる星やつらの主題歌、「ラムのラブソング」ということもあり、
コメディーで結構笑えて楽しめました。

来週は、前作、「恋する日曜日 ニュータイプ」の主役、南沢奈央が久々に登場。
これまた楽しみです。
この日記へのリンク
2007年03月30日
おはスタ。
本日をもって番長卒業。

最初は、「毎月15日にコロコロコミックの宣伝に来る人」だった番長。
その後、太閤秀吉の立身出世の如く、おはスタ内での地位を上げていき、
ついにおはスタには欠かすことの出来ない重鎮にまでなった番長。
山ちゃんに、「月曜日は番長がいてくれるので本当に助かる」とまで言わせた番長。
「今の自分があるのは、彼女とおはスタのおかげ」と、自分の結婚式を番長の衣装で挙げた番長。
あなたほどおはスタを愛してくれた人は他にはいません。
本当にお疲れ様でした。m(__)m
蒼井優の背中を押して、プールに突き落とした番長の勇姿は一生忘れません。

そして、番長とキャンディミントの他にもう一人、本日をもっておはスタを卒業する人がいます。
そう、私です!

おはスタファンとしては、番長の卒業をただ見送ってどうするって感じです。
私も一緒に卒業します。
過去に何度も言っているように、私の好きだったおはスタはもうとっくの昔に終了し、
今ではすっかり別の番組です。
ただ惰性で見続けていただけで、ずっと卒業のタイミングを見計らっていました。
「おはスタに残った最後の良心」だと思っていた番長と一緒に卒業できるのなら、
こんなに光栄な事はありません。
男なら、涙見せずにありがとう

山ちゃん、最後まで付き合ってあげられなくてごめんなさい。
でも今のおはスタには、もう耐えられません・・・・・。
これからもがんばってください。
卒業してもおはスタの情報は今まで通り入ってくるので、サイトの更新は続けていきます。
それに、フルオートによる録画保存は続けていくので、何か特別なことがある日だけは戻ってきますよ。(^_^;)


最後に、2006年度のおはスタ裏話。

1.ベッキーのスーパーライブ出演がゼロ
番組開始直後の1997年度を除き、1998年度から2005年度まで全ての年度に生出演してきたベッキー。
2006年度は一度も生出演がありませんでした。
ただ、生電話による出演があったので、これを生出演に数えるなら連続年度出演継続中ということに。
はたして来期は、ここに"あの一言"で始まる日記を書けるのでしょうか。

2.上戸彩がスーパーライブを生見学
非公式の訪問だったので知っている人はほとんどいないと思われるが、
2007年2月9日のスーパーライブを上戸彩がスタジオで生見学。
元おはガール上戸彩の久しぶりの、それも突然の来訪が相当うれしかったのか、
生放送中に山ちゃんが思わず、「上戸彩ちゃん!」って彼女の名前を呼んじゃってます。
事情を知らない人には意味不明であったことでしょう。


これからしばらくの間は、おはスタの思い出話でもしようかなと思ったり思わなかったり。
この日記へのリンク
2007年03月29日
まさか、おはスタにこんな日がやってこようとは。



※この番組は一部フィクションです
この日記へのリンク
2007年03月25日
「若奥さまは腕まくり!」の放送は無事に終了。
でも、当時最終回後に放送された、「番外編」の放送はありませんでした、残念。
実は、この、「若奥さまは腕まくり!」というドラマは、
私の人生に大きな大きな影響を与えたドラマなんです。
それだけにどうしてももう一度見たいドラマだったんですね。

注意 : 以降、全く面白くない話 が続きます。

このドラマの中でドラマの登場人物たちが、とあるボードゲームをしているシーンがあります。
そしてそのボードゲームが、今回は放送されなかった、「番外編」の中で紹介されているのですが、
そのボードゲームの面白そうだったこと。
元々子供の頃からボードゲームが好きだった私は、そのボードゲームがやりたくてたまらなくなりました。

今ならネット通販で一発なんでしょうが、当時はまだインターネットなんてありません。
近所のおもちゃ屋というおもちゃ屋を探し回りましたが、全く見つかりません。
そして、探し続けること数ヶ月。
ついにとあるデパートで発見したのです。
もう涙が出るほどうれしかったですよ。

その時、仲の良い友人と二人で買い物に来ていたこともあり、早速家に帰って念願の初プレイ。
面白かったぁ!
ほんとに面白かったぁ!!
これは後からわかったんですが、そのボードゲームは元々ドイツのボードゲームで、
それを日本の会社が、日本語版にして販売していたんですね。
だから、その辺のお店に売っているわけはなかったんです。
これも後からわかったんですが、ドイツという国はボードゲームの本場で、
毎年大きな大会や発表会も行われているほどの国なんですね。

そのゲームをプレイして以降、私はドイツのボードゲームの虜になりました。
時を同じくするかのように、とある雑誌で海外製ボードゲームを扱ったコーナーが始まったことで、
海外のボードゲームを通販してくれるお店も見つかりました。(当時はまだ現金書留(^_^;))
こうして私とボードゲームは切っても切り離せない関係になっていったのです。
その後私は、私と同じように海外のボードゲームが好きな人たちが集まるサークル会に加入し、
さらにその後、その中で特に仲の良かったメンバーと独立して自分たちの会を立ち上げました。

あれから何年経ったでしょうか。
今でもそのボードゲーム会は続いています。
もし、このドラマの中で、このゲームをしているシーンがなかったら。
もし、「番外編」の中で、このゲームを紹介してくれなかったら。
多分、いえ、間違いなく私は、全く違う人生を歩んでいたでしょう。
今仲のいい友人たちとも、出会うことはなかったでしょう。
たかがドラマですが、ほんとに大きな大きな影響を与えたドラマでした。

最後になりましたが、そのボードゲームとは、「スコットランドヤード」
現在も生産及び販売は続けられており、相変わらずファンを増やし続けています。
私が購入した当時とは、すっかりデザインが変わってしまいましたが、
ゲームの内容は全く変わっていません。
興味のある方はぜひどうぞ。

「RYOの別荘」を開設して以来、初めて、「wikipedia」にリンクを貼ります。(^_^;)
というか、「Wikipedia」で紹介されていることに驚きと感激です。

「スコットランドヤード」
この日記へのリンク
2007年03月23日
今週一週間は、スカパーで放送が始まった、「若奥さまは腕まくり!」の視聴で手一杯。
他には何も出来ません。
リピート放送無しの1日2話ずつは、忙しいこの身にはきついわぁ。
溜めちゃうとますます見れなくなっちゃうから、ちゃんと毎日消化しないといかんし。

でも、やっぱり80年代のTBSのバラエティドラマは面白いねえ。
あと、この頃の土井千恵子は、見れば見るほど"うちりさ"に雰囲気がそっくり。
当時、人気子役の一人だった土井千恵子。
今、どうしてるのかなぁ。
この日記へのリンク
2007年03月19日


とあるドラマ。

どこかで見たことのある名前が、
二人並んでいます。

この日記へのリンク
2007年03月16日
本日最終回の、「花より男子2」を見ていたら、子役の松元環季が出てた。
この子、「恋する日曜日」の、『はじめての恋(前後編)』で主役をやった子なんだけど、
かなり芝居の上手な子だったんで、すごく記憶に残ってるんだよねぇ。
やっぱり結構いろいろ仕事してる、売れっ子の子役なんですね。

一部のケータイ刑事ファンの中には、「数年後のケータイ刑事は彼女」とか言っている人もいますが、
さすがにいくらなんでも気が早すぎると思います。
まだ彼女、8歳だよ。(^_^;)
まぁそんな冗談話が出るぐらい実力のある子役だということですかね。
しかし、アンドリウなら本当にやりかねん・・・・・・。
この日記へのリンク
2007年03月14日
ここのところ少し訳あって、ほとんどサイトの更新が出来ない状態でした。
やっと落ち着ついてきたので、今後はここの更新も通常通りのペースに戻れるかと。
たぶん。
この日記へのリンク
2007年03月01日
今日から3月。
ケータイ刑事の劇場版第2弾の公開日もいよいよ間近に。
となると悩むのが、リストをいつ劇場版対応に更新するかということ。
前作の時は公開開始直後に更新して、さすがに自分でもちょっと早すぎたと反省したので、
今回は公開開始から一ヶ月ほど待つことにする。
幸いにというか都合のいい事に、地方都市での公開開始日が4月14日なので、
それを待って更新することに決定。
まあ、試写会やらノベライズ版の発売やらで、すでにストーリーを知っている人も多いと思うけどね。
この日記へのリンク
2007年02月23日
『ケータイ刑事』
次回作は、雷の妹で、「次女」らしい。
女優はまだ秘密。
相棒の刑事は、「バーボン刑事」
またまたロサンゼルスから帰ってくる。(笑

『恋する日曜日』
宝積有香と金剛地武志のペアで1本作るらしい。
宝積さんがアンドリウに、「私でラブストーリーを作って」とアピールし、
それを聞いた金剛地が、「なら相手役は僕で」と立候補し、
それを聞いたアンドリウが、「じゃ、やろう」となったようです。
・・・・・・・・・こいつら。(笑
まあ、かなり楽しみではあります。
この日記へのリンク
2007年02月18日
『恋する日曜日』の、「ジャスト・ニート」。
面白かった。
賞を取った作品って、えてして、「なんでこれが選ばれたの?」という事が多いけど、
これは純粋に面白かった。
個人的には、現時点で今シリーズのナンバー1。

同名の小説を読んでみようかなとも思ったが、ドラマの脚本家と小説の著者が別人だし、
ずいぶんと内容も違うようなのでやめた。
取った賞はあくまでも、「脚本賞」なので。
この日記へのリンク
2007年02月14日
早速CDを買っていそうな奴の所へ、モー娘。の、「サヨナラのかわりに」を聴きに行く。
去年キャンディミントがカバーしたときもそうだったんだけど、やっぱり何かが違う。

そもそも、「サヨナラのかわりに」は、学校で合唱してもらうことを前提に作られた曲だ。
だからユニット名も、おはスタという番組を一つのクラスにたとえた、『おはぐみ』だし、
「サヨナラのかわりに」を歌いたいという学校には、無料で伴奏用の楽譜をプレゼントしていたのだ。
(たぶん今でも、"学校名"で申し込めばもらえると思うが、確実ではないので注意)

だから、男女混声のおはぐみバージョンが一番良い出来なのは当たり前といえば当たり前。
オリジナルのおはぐみバージョンを聴いたことがない人はぜひ一度聞いてみてください。
終盤、クライマックスの盛り上がりは、混声合唱のおはぐみバージョンならではですよ。


P.S
今日の、「明石家さんちゃんねる」に、おはガールのまどかとみづきが出ていましたが、
特に感想はありません。
「ぬん!」




まどか、つまみ出されるの図

この日記へのリンク
2007年02月11日
ドラマ関係の話をまとめて。

「恋する日曜日」
今週、先週と2週続けて失恋モノ。
テーマになった歌が、「悲しみよこんにちは(めぞん一刻)」と、「想い出がいっぱい(みゆき)」なので、
ある意味当然といえば当然。
特に先週の、「またあえる日まで」は、女優の中江有里の脚本ということで注目していたけど、
実力派の岩田さゆりの演技ともあいまって、なかなかでした。

「轟轟戦隊ボウケンジャー」
本日最終回。
本当に1年間お疲れ様でした、私。
来週からは、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」とやらが始まります。
大村彩子の出演は結局幻となってしまいましたが、彼女が出ていようが出ていまいが、
ゲキレンジャーの一番の見所は、どう考えても、敵キャラの平田裕香。

「ウルトラマンメビウス」
元々この作品は、ウルトラシリーズ40周年記念作品として、
ウルトラマン80以来25年ぶりに地球にやって来たウルトラマンという、
ウルトラシリーズの正当なる続編として作られているため、
過去のウルトラシリーズに登場したキャラクターが続々と登場しているのだが、
最近はクライマックスが近くなってきた為か、とにかくものすごいことになってきてる。
個人的には、メフィラス星人の声が初代ウルトラマンの時と同じというだけでもう。
そして、いよいよ来週はあの人が・・・・・・。
この日記へのリンク
2007年01月30日
現時点での、「サヨナラのかわりに」の知名度を考えた場合、
来月以降、世間一般では、
「サヨナラのかわりに = モーニング娘。の曲」という、
おはスタファンからすると、何とも屈辱的な図式が出来上がってしまうわけですね。
おはスタを見ていない人は、元々がおはスタの挿入歌だって知ってるわけがないしねぇ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
山ちゃん 「それぞれに道は別れ〜ても♪」

ベッキー 「わかった? 今の」

 安藤盟 「わかんない」

ベッキー 「サヨナラのかわりに」

 安藤盟 「あ〜、なるほどね!」

山ちゃん 「いやいや・・・、『あ〜』ってね・・・・・」

 安藤聖 「ていうか、盟、歌ってたじゃん!」

山ちゃん 「君の代に出来た歌だ!!(怒&笑」

 安藤聖 「歌ってたじゃん!」

 安藤盟 「はい、ぜひ」 (← 意味不明)

ベッキー 「ははははははは、なになにその返し(大笑」

 安藤聖 「申し訳ない!!」


歌ってた本人ですら、卒業からわずか2年ちょっとの時点でこのザマだったしな。(^_^;)
歌自体は名曲なので、ここは一つ考え方を変えて、『モーニング娘。に広めてもらう』という事で。

でも聖ちゃん、ほんといいお姉さんだよなぁ。
この4人のトークは、ほんと聴いてて面白かったよ・・・・・・・・って、
最後、思いっきり話がズレた気がするけど、まあいいや。
この日記へのリンク
2007年01月24日
手元の資料によると、今年は、「サヨナラのかわりに」をモーニング娘。が歌うらしいんですよ。
何かの間違いだよね、うんきっとそうだ、きっと何かの間違いだ、と思ってちょっと調べたら、
来月発売になるモー娘。のニューシングルのカップリングが、「サヨナラのかわりに」なんだってさ。

もう呆れ果てて笑うしかないよ。
あはははははははははははははは。
この日記へのリンク
2007年01月16日


この画像を貼った理由

1.おはスタ関連の画像を貼る予定は当分無し。
  でも、最後に貼ったおはスタ関連画像が、
  「あれ」のままなのはさすがにちょっと・・・

2.水曜ベストを決めたとき、酒井彩名の方を選んだが、
  本当にそれでよかったのかと、いまだに時々悩むから。

3.Dr.ヤマー記念。
  思いっきり、「蒼井優」って言っちゃってたし。


この日記へのリンク
2007年01月13日
「恋する日曜日」
マンネリ化の感が否めないケータイ刑事よりも、恋する日曜日の方が面白いなぁ、最近。
とくに先週と今週は、黒川芽以の主演ということもあり、前後編通して安心して見られました。
やっぱり黒川芽以の涙の演技は最高にいいね。

一応知らない人の為に説明しておくと、
黒川芽以は、演技の中で涙を自由自在に操れる女優として知られ、
実際、彼女の泣きの演技は、業界内でもかなり評価が高いのである。
ケータイ刑事での彼女の役名が、『泪』に決まったのもそれが理由。
(ケータイ刑事ファンなら、みんな知っているのです)

「恋する日曜日」といえば、劇場版第2弾が正式発表。
公開は6月の予定で、主演は堀北真希。
黒川芽以同様、ケータイ刑事卒業後もアンドリウとの縁は切れていないようで。

さらに、「ケータイ刑事」といえば、
劇場版第2弾の公開を間近に控え、スカパーで、『ケータイ刑事まつり』開催決定。
劇場版第1弾も放送されます。
まさかテレビ初放送がスカパーになるとはかなりビックリ。
この日記へのリンク
2007年01月05日
「花より男子2」を見ていたら、数いる生徒役の中に、大政絢を発見。
発見というか、主役の井上真央の斜め後ろというベストポジションだったので普通に気付く。
あくまでその他大勢の中の一人なので、セリフはないんですが。

大政絢は、彼女のデビュー作を見て以来、注目している若手女優の一人。
彼女の演技力の高さは、折り紙付き。
最近では、「恋する日曜日〜ニュータイプ」に、サイドストーリーのメインキャラとして出演してました。
今後のドラマや映画での活躍が楽しみな一人です。

彼女のデビュー作は、「TOKYOかしましガールズ」。
「TOKYOかしましガールズ」は、『東京少女シリーズ』の中の一本ですが、
『東京少女』全6作品の中でも、私の一番のお薦め作品。
単純といえば単純な脚本ですが、大政絢の演技がそれをカバーしていて、最後ジーンときます。
たまにスカパーなどで、メイキングと併せて再放送しているので、未見の人は機会があればぜひどうぞ。
メイキングと併せても計30分未満というショート作品です。

しかし相変わらずアンドリウは、新人や新人同然の若手の中から有望な子を発掘してくるね。
当時まだ全くの無名で、演技すらおぼつかなかった堀北真希や夏帆を、
ケータイ刑事の主役に起用したのもアンドリウ。
ほんとすごいと思うわ。
この日記へのリンク
2007年01月04日
あけましておめでとうございます。

正月は毎年家で過ごすことにしている私ですが、
今年は悪友に無理やり連行されて、とあるお宿で過ごしておりました。
本日無事に帰還。
今年も色々、一方的に書きたい放題書いていきますよ〜。
この日記へのリンク
2006年12月29日
本年最後の更新が終了。
皆様、今年一年お世話になりました。
年を越すのもなんなので、最後に前回の問題の答えを。

3時間は180分なので、180分を20分で割って、9枚。
正解は9枚・・・・・・・・・・って、違う!!

実はこの問題、犯人にあっさりと、「9ページ(9枚)」と答えられてしまった為、
急遽、「ですが」と問題を作り変えてしまったというフェイント問題。
たとえ正解しても、このように問題自体を作り変えられてしまう為、
けして、銭形零から逃れることは出来ないのだ。(^_^;)

ここではそれを再現するために、「書き上がる枚数は」より後の部分を、
背景と同じ文字色にしてみました。
問題文を左クリックで反転表示すれば、問題の全文が出現します。
気が付いたかな?

さて、「理想の上司」は、1997年の4月から6月にかけて、TBSで放送されたドラマ。
最終回は6月29日の放送で、視聴率は19.7パーセントでした。
というわけで、答えは、19.7パーセント


では皆様、よいお年を。
この日記へのリンク
2006年12月26日
仕事が忙しい上に、風邪までひいて散々でしたが、ようやくどっちも落ち着いてきましたよ。
この日記へのリンク
2006年12月16日
仕事が忙しくて、なかなかサイトの更新にまで手が回らないので、
とりあえず、また何か問題でも出しておこうかなと。
今回も前回に引き続き、銭形零の、「わらわの暗算」から出題。

★問題★
ケータイ刑事銭形零のチーフ脚本家でおなじみの林誠人先生は、
400字詰めの原稿用紙を1枚20分で書き上げます。
では、3時間後に書き上がる枚数は
9枚ですが、
そんな林誠人先生の代表作、「理想の上司」の最終回視聴率は何パーセント?

今回も、正解は後日気が向いたときに。
この日記へのリンク
2006年12月09日
来年の戦隊ヒーロー物。
事前の情報とだいぶ変更があったようですね。
当初、例年通り5人の予定だったのが、3人からスタートだとか。
それに併せて、予定されていたキャストも変更された可能性が高い。
2年連続の元おはガール出演は夢幻となるのでしょうか。
やっぱり正式発表前に書くとロクな事がないと猛省。
どっちにしても、2年連続で戦隊物を見るのはいくら私でもきついので、
元々見るつもりはなかったですが。
この日記へのリンク
2006年12月01日
TBSがモナアナの後任にルーキー起用

不倫騒動でTBS「NEWS23」を降板した山本モナアナウンサー(30)の後任に、
出水麻衣(でみず・まい=22)岡山裕子(26)両アナが起用されることになり1日、同局から発表された。

出水アナは入社1年目。月〜木曜のニュースとお天気コーナーを担当する。
岡山アナは今年3月に名古屋テレビを退社したフリーアナで、金曜日を担当する。(日刊スポーツ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

よりによって、岡山かよ!
このアナウンサー、完全なバラエティー要員なのに。(笑
バラエティーやらせたら、ほんといい仕事するよ、この人。

でもこれで、「女子アナの穴」の映像がお宝になることはほぼ確実ですね。
この日記へのリンク
2006年11月30日
昨日、実相寺昭雄氏がお亡くなりに。
終わった・・・・・一つの時代が終わった。
日本の特撮が終わった。




おはスタ。



山ちゃんが、
手作りの紙ヒコーキを投げる時は、
ワイドサイズなのに、





せとくんが、
新商品の紙ヒコーキを投げる時は、
両サイドに帯が出てノーマルサイズ。



★問題★
なぜこんなことになったのか、以下の3つのキーワードを全て使って、簡潔に説明しなさい。
キーワード 「スポンサー」「必勝」「録画」


答えは一生書かないので、わからない人は親切な人に教えてもらってください。
ちなみに、今日が初めてというわけではありません。
数年前からおはスタはこんな感じです。
こんな事なら、もう生放送やめたらどうですかね。
あと、これをやるなら、フェンスに付いてる電波時計は外したほうがいいと思うよ。(失笑


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メグー
「はい、今週のプレゼント、(ゲーム名自主規制)はこちらです。
(中略)いま遥ちゃんやってるけど、どうですか?」

山ちゃん
「どう? 遥ちゃん」

末永遥
「無理だよ。ムカついてくる、完全にこれ

山ちゃん
「ムカつかないでよ(苦笑。 難しさ、「難しくない」でやってくださいよ。(苦笑」

山ちゃんの必死のフォローが、逆に余計に笑いを誘う。
昔のおはスタは、とにかく自由で面白かったよ。
え? 遥が何も考えてない能天気なだけ?(苦笑
この日記へのリンク
2006年11月29日
現在放送中の、「恋する日曜日〜ニュータイプ〜」に変わって1月からスタートする、
「恋する日曜日」シリーズの新シリーズが正式発表。
主演は、おなじみの黒川芽以のほか、すでに過日の日記でも触れた、桐谷美玲など。

今回の新シリーズは、『アニメソングのドラマ化』がテーマ。
アニメ自体をドラマ化するのではなく、アニメの主題歌や挿入歌をドラマ化するというのが斬新。
第1話は黒川芽以主演で、「はいからさんが通る」の主題歌をドラマ化。
その後の予定としては、「めぞん一刻」の主題歌や、「赤毛のアン」の主題歌などが候補のようで。
これはかなり楽しみ。
この日記へのリンク
2006年11月26日
何気なくショッピングのサイトをめぐっていたら、
おはぐみの、「サヨナラのかわりに」のCDにプレミアムが付いていてビックリ。
どこのショップも、まるで示し合わせたかのように6000円近い価格で売ってるのよね。
たしかにあの曲は、類まれなる名曲。
キャンディミントがカバーして短縮版を歌ってるけど、やっぱりおはぐみだよね。
私的に、サヨナラのかわりにはこの順位。
「おはぐみ > J12 > キャンディミント」
この日記へのリンク
2006年11月21日
特に話題もないので、以前出した問題の答えを。
問題はこれでした。
5人の人たちが23日かけて、1人1日16匹の割合で、ある動物を捕まえました。
だけど途中で6匹に逃げられてしまいました。
さて、この動物は何でしょう?

この問題は、銭形零の、「わらわの暗算」の、記念すべき第1問。
ケータイ刑事ファンの人には楽勝でしたね。

解き方は、2段階に分かれます。
まず最初に、この計算を解いてみましょう。

5x23x16-6=1834

答えは、「1834」になります。
あとは、ここからどうやって動物の名前にするかです。
わかりましたか?
解けない人は、零ちゃんに逮捕されますよ。(笑

逮捕された人の為に、正解はこちら
この日記へのリンク
2006年11月12日
『ジャンクスポーツ!』
平井理央がゲスト。
やっぱり彼女は原稿を読むキャスターよりも、フリーにしゃべれるバラエティー向きだと痛感。
EPGに書いてあった、「激レア写真」は、普通にファースト写真集でした。
でもこのファースト写真集、当時アイドル写真集の年間売上ランキングで3位になったほど売れてるので、
私に言わせれば、別にレアでもなんでもないけどね。

『轟轟戦隊ボウケンジャー』
久し振りに、「アイドル末永遥」が見られて満足。
おはスタ時代のはじけっぷりはあんなレベルじゃなく、もっとすごかったけどね。
ボウケンジャーも、あと残り3ヶ月ぐらいですか。
開始前は見ようか見るまいか迷ったけど、見続けといてよかったです。
でもなぁ、来年の戦隊ヒーローの黄色の人も、元おはガールの大村彩子なんだよなぁ。
おはスタから特撮物へ行くのがブームなんでしょうかね。
とはいえ、大村彩子がおはガールだった頃のおはスタを知っている人が、
私以外にどれほどの数いるんでしょうか。(^_^;)
「ガチョーン!」 ← おはスタでの彼女の持ちネタ

『恋する日曜日』
今週の内容は、いかにも恋する日曜日らしい切なくなるようなエピソードで大満足。
それにしても、「怪談新耳袋 → 東京少女 → 恋する日曜日」という起用の流れを見る限り、
アンドリウは桐谷美玲がかなりのお気に入りのようで。
この日記へのリンク
2006年11月10日
はらたいらさんがお亡くなりに。
クイズダービーファンとしては辛い所。
ご冥福をお祈り致します。

クイズダービーは、現在スカパーで放送中。
もちろん私も毎週チャレンジしております。
現在、212勝444敗で、勝率.323。(^_^;)
篠沢教授かよ、俺!(通算1475勝3029敗 .327)
この日記へのリンク
2006年11月09日
おはスタ。
見ていて痛々しいほどのグダグダ感。
なぜこんな事になってしまったのだろう。
昔はもっと視聴者を中心に番組が回っていたのに、
すっかり一方的に商品を紹介するだけの番組になってしまった。

今のおはスタにスポンサーの利害がからまないコーナーがいくつあるのだろう。
今のおはスタに視聴者の子が純粋に参加できるコーナーがいくつあるのだろう。
なぜスタッフがタレント代わりにテレビの画面に出てくるのだろう。
なぜ販促ドラマや子供だましの小芝居などの、「フィクション」が始まったのだろう。
昔はこんなの無かったのに。

出演者が自由に、勝手気ままに発言できていた頃が懐かしい。
もう本格的に見切りを付ける時期がやってきているのかもしれない。
まぁ、それができないから困っているのだが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
前回の問題の答えは、いずれ気が向いたときにでも。
「わらわの暗算、解いてみよ!」
この日記へのリンク
2006年11月06日
日記のネタが無い時は、
「何か適当に問題でも出してごまかせ!」 と教わりました。(嘘)

★問題★
5人の人たちが23日かけて、1人1日16匹の割合で、ある動物を捕まえました。
だけど途中で6匹に逃げられてしまいました。
さて、この動物は何でしょう?
この日記へのリンク
2006年10月20日


早速、フラゲしていそうな奴の所へ行き、
かっぱら快く譲ってもらって来ました。
997円という定価を考えた場合、
コストパフォーマンスはかなり高いといえます。



「まだまだあぶない刑事」をテレビで見た。
こんな最悪な編集をかつて見たことがない。
肝心のラストシーンを丸々全部カット。
これじゃあ、映画館やDVDでこの映画を見た人と、テレビで初めてこの映画を見た人とでは、
全く違う終わり方を見せられた事に。
ありえない・・・・・。

よかった、私。
DVDで見ておいて。
この日記へのリンク
2006年10月15日
ベッキーの初主演ドラマ、『アンナさんのおまめ』。
コメディーと聞いていたが、そんなレベルじゃない。(笑
コントだよ、コント。
完全にギャグドラマ。
でも面白い。
草刈正雄もベッキーの父親役で主演してます。

『恋する日曜日』も、今シリーズはコメディーでいい感じ。
「ユリです」「ゲラです」「ユリゲラー?」「いえ、多々野(ただの)ユリです」
このやり取り、なんか好き。
この日記へのリンク
2006年10月09日
「トミーとマツ」25年ぶり復活…
名作ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」(1979〜82年放送)の、
俳優・松崎しげる(56)と国広富之(53)の名コンビが、25年ぶりに復活することが8日、分かった。
映画「ケータイ刑事 THE MOVIE2 石川五右衛門一族の陰謀〜決闘!ゴルゴダの森」
(07年3月10日公開)で、国広がトミー、松崎がマツ役で出演する。
久々の共演でも息はピッタリで、主演の小出早織(18)、夏帆(15)のパートナー役として、
人気シリーズの映画第2弾を盛り上げる。

他局のドラマで04年に22年ぶりに共演した2人だが、
当時と同じ役名、設定で登場するのは「トミーとマツ」終了後、今回が初めてだ。
もともと国広は第5シリーズにも岡野富夫として出演しており、
作中では「トミマツ」をにおわせるセリフもあった。
今回の映画化にあたり、丹羽多聞アンドリウプロデューサーが、
「昭和を代表する刑事ドラマのひとつ。2人で出て頂くことで、ケータイ刑事がより深みを増す」
と松崎にオファーして復活が実現した。(スポーツ報知)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

夢のようです。
アンドリウ、わかってるね〜♪

ケータイ刑事 サブタイトル&主要キャラリストは、 こちら
この日記へのリンク
2006年10月07日
昨日の続き。

なんとか4人にまで絞り込んだ、マイベスト金曜おはガール候補。
残っているのは、「平井理央」「倉沢桃子」「奈良沙緒理」「内田莉紗」の4人。
悩みに悩んだあげくに出した結論は、

一人だけ選ぶなんて無理!

もう無理。
ここから一人に絞るのは絶対無理。
あきらめた。

まあ、なんていうかさ・・・・・。
この企画を始めた時点で、こうなるような予感はしてたんだよね・・・・・。
金曜日、レベル高すぎ。

というわけで、私はこんな結末になってしまいましたが、
みなさんも、自分だけのマイベストを選んでみてはいかがでしょうか。
私のような事にならない自信のある人だけね。
この日記へのリンク
2006年10月06日
おはスタ10年目突入記念、曜日別マイベストおはガールを決めよう企画。
いよいよ最後は金曜日。
候補は、「安藤希」「平井理央」「倉沢桃子」「奈良沙緒理」「内田莉紗」「石川エリ」「佐野光来」の7人。

何、このレベルの高さ!?

昔、中沢Pが、「おはガールを選ぶ時の条件」というのを、とある場所で語っていたが、
その中の一つに、
「金曜日は一週間の締め括り。金曜日のおはガールは、その大事な締め括りをきっちりと任せられる子」
という感じのものがあった。
その言葉を裏付けるかのように、各年度のエースばかりがずらりと並んでいる。(石川さんを除く)
この中から一人を選ぶのか・・・・・。

いきなり一人を選ぶのは無理なので、消去法で行くことにする。
まず、石川さん脱落。

次、どうしようかな。
佐野さんかな。
ミクには気の毒だけど、ミクの頃は番組自体がもうダメダメになった後なんだよな。
ここは涙を呑んで、ミクにも消えてもらおう。

まだ残り5人もいるのか・・・・・。
困った、ほんとに困った。
もう落とす人がいない。

希を消す!?
う〜ん、消したくないなぁ。
でも、他の4人と比べるとなぁ・・・・・
でも、消したくないんだよなぁ・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕方ないね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

残ったのは、「平井理央」「倉沢桃子」「奈良沙緒理」「内田莉紗」の4人。
もう駄目。
今日はここまで。
この日記へのリンク
2006年10月05日
曜日別マイベストおはガールを決めよう企画。
今日は木曜日。
候補は、「伊藤なつ・かな」ペア1組と、
「須藤温子」「橋本麻美々」「谷口紗耶香」「加賀谷紗織」「芳賀優里亜」「海老沢神菜」の6人。

一瞬他の子の名前が頭をよぎったのも事実だが、結局、芳賀優里亜

「元気で明るい」という、おはガールの常識を覆す、安藤希以来久々、テンションの低いやる気のないおはガール。
でもそれが売り。  ってベッキーも言ってました。
めちゃくちゃ似ている、というかそっくりな、あびる優のモノマネが二度と見られないのは残念です。
「梅雨の時期は、乾物屋の地獄なんだって」は、個人的に名言。

いよいよ明日は、風雲急を告げる金曜日。



見事、マイベスト木曜おはガールに輝いた、

芳賀優里亜様。

エンディングの決め台詞は、「ぐるりんちょ!」


この日記へのリンク
2006年10月04日
曜日別マイベストおはガールを決めよう企画。
週の真ん中、スイスイ水曜日ぃ〜。
候補は、「大村彩子」「酒井彩名」「蒼井優」「あびる優」「小島由利絵」の5人。

三日目にして初めて悩む。
酒井彩名と蒼井優でかなり悩む。

悩んだ結果、出した結論は、酒井彩名

結局、番組初期を支えた功績と、2年3ヶ月という最長の在任期間を重視。
最後はユニットの有無が決定打となりました。



見事、マイベスト水曜おはガールに輝いた、

酒井彩名さん。

現在では絶対にありえない、小学生のおはガールでした。

この日記へのリンク
2006年10月03日
曜日別マイベストおはガールを決めよう企画。
本日は火曜日を。
候補は、「橋本麻美々」「安藤聖」「安藤盟」「笹岡莉紗」「近野成美」「矢口聖来」の6人。
候補にベッキーが入っていないのは、企画元のブログに準じました。

昨日に引き続き、特に悩むことも無く、安藤聖に決定。

候補の中にベッキーがいないこのメンバーからなら、やっぱり聖ちゃんでしょ。
スーパーライブだけではなく、増刊号やOHA-OHA NIGHTでも活躍しましたし。
めちゃくちゃ明るくて、サービス精神も旺盛で、
常に他の人よりも1アクション多くて、動きが激しいんですよね。
現在は海外留学を終えて、日本に帰ってきています。

さて明日は水曜日です。



見事、マイベスト火曜おはガールに輝いた、

安藤聖さん。

妹思いのとてもいいお姉さんです。
「盟! 上履き忘れるなよ」

この日記へのリンク
2006年10月02日
曜日別マイベストおはガールを決めよう企画。
まずは月曜日。
候補は、「尾崎沙也」「工藤あさぎ」「末永遥」「瀬下可奈」「川田由起奈」「杉林沙織」「藤森麻由」の7人。

末永遥で文句なし。

いや、他の子がダメというわけじゃないんだけどね。
他にもいい子はいるんだけどね。
でも、ベストとして誰か一人を選ぶとなると、色々な意味で格が違いすぎる。
というわけで、即答。

明日は、火曜日を決めましょう。



見事、マイベスト月曜おはガールに輝いた、

末永遥さん。

「初代おはじぇんぬ」でもありました。

この日記へのリンク
2006年10月01日
おはスタ。
明日からついに10年目に突入。
とはいえ、番組開始当初と現在とでは、全くの別の番組内容になっているので、祝福する気にはなりません。
それどころか、こちとら、見るのをやめるタイミングを逸して困ってるぐらいなのに。
すっかりつまらない番組になっちゃって・・・・・。

ところで、私は普段ネットでサイト巡りというのをあまりしないんですが、
おはスタ10年目突入ということで、久し振りにおはスタ関連のサイトを訪問してみたら、
昔からあったおはスタ関連サイトが、軒並み閉鎖してたり、更新停止したりしてるんですよね。
昔のおはスタファンには、今のおはスタは別の番組でしょうから、気持ちはわかります。
しかしその反面、"今のおはスタ"ファンによって、新しいおはスタ関連サイトが出来てたりして、
「こうやって新陳代謝が行われていくんだな」と、妙に納得してしまいました。

そんな中、とあるブログで、
「過去のおはガールを曜日別に分けて、曜日別マイベストおはガールを選ぶ」
という事をやっている人がいました。
なかなか面白そうなんで私もやってみることにしましょう。
この日記へのリンク

少し前の日記へ

少し後の日記へ

最新の日記へ

本サイト内のリスト・データ・画像等の転載及び二次使用を禁止します。