RYOの書斎

2006/03/03−2006/09/29

特定の日記にリンクを貼りたい場合には、「この日記へのリンク」をクリックした先のアドレスを指定すると確実です。

2006年09月29日
クール末です。

「がきんちょ 〜リターン・キッズ」、本日終了。
DVDをサイトで予約すると、先着1500人に初回特典として写真集とサントラが付くらしい。
先着1500人というのが、いかにも定価で買わせる罠くさい。
ところで、DVD化の時にありがちな、BGMの差し替えはあるんでしょうか。
このドラマにも、DVDでは使えなさそうなBGMが結構あったんですが。

「ケータイ刑事」、明日終了。
次クールからは、「恋する日曜日」の新シリーズなので、しばらくケータイ刑事はお休み。
それに伴い、3ミニッツストーリー「キャンディーハート」も終了し、別の作品へと移行。
全27話という、3ミニッツストーリーとしては異例の長さでした。
キャンディーハート、結構好きだっただけに残念だなぁ。
小鳩菖蒲がお気に入りのキャラクターでございました。
この日記へのリンク
2006年09月21日
「がきんちょ 〜リターン・キッズ」
サイト専売だった、ぱれっとのCDが、一般のCDショップでも販売されることに。
こりゃあ、DVD-BOXもそのうちに・・・・・。
やはり、定価で買わせる罠くさい。(^_^;)
この日記へのリンク
2006年09月20日
「がきんちょ 〜リターン・キッズ」のDVD-BOX。
一般のショップでは販売せず、サイトでの独占販売のようで。
『定価で買ってね!』という、無言の圧力。
しかし珍しいね、こういう売り方も。
この日記へのリンク
2006年09月08日
谷村美月が、映画、「銀河鉄道の夜」で主役のジョバンニ役を演じるようだ。
ご存知の通り、ジョバンニは男の子。
女の子が男の子を演じるのはかなり難しいので、実力派女優としての腕の見せ所。
谷村美月は、今私の一押し若手女優なので、がんばっていただきたい。
というか、すでに映画に出まくってる売れっ子なんだけどね、この子。

宮崎あおいが、2008年の大河ドラマ、「篤姫」の主役に選ばれた。
大河ドラマ史上最年少の主役らしい。
この人選に、「純情きらり」の高視聴率が影響したであろう事は想像に難くない。
リアルシスターズメンバーの客演にも少〜しだけ期待。
この日記へのリンク
2006年09月05日
スタート前、ほとんどノーマーク状態だった、「がきんちょ 〜リターン・キッズ」が、かなり面白い。
この放送枠、「銭湯の娘。」とか「ドレミソラ」とか、たま〜にコメディーの良作があるから、ほんと油断できん。



ドラマが面白くなってきて、
今日は気分がいいので、
久し振りに何か貼ってみた。

この日記へのリンク
2006年09月02日
ケータイ刑事の劇場版の第2弾が、本日正式発表。
実は結構前から情報は入ってたんだけど、情報元から、
「正式発表まではダメ」と言われていたので、本日更新。
ただ今回の作品は、前作に輪をかけての低予算らしいので、今から出来の悪さを覚悟しておきます。
まあケータイ刑事の劇場版は、オールスターゲームみたいなもんだから、
作品の出来不出来というのは、ファンにとってはあまり関係ないけどね。
この日記へのリンク
2006年09月01日
本日最終回の、『大好き!五つ子GoGo!!』
ラストシーンに、「See you again」の文字が。

来年の夏もやるんですかね。
最終作の事前告知もなかったし、やるんでしょうね。
毎年毎年、夏休みの風物詩だしね。
来年も続いたら、9年目(9作目)だよ。
第1作がスタートした年に小学校に入学した視聴者の子が、中学を卒業しようかという年月だよ。
すごいねぇ。
でも、さすがに来年が最終作かな。

余談ですが、夏休みの放送ということもあり、『大好き!五つ子』は視聴率もよく、
去年など、具体的な日にちは忘れましたが、TBSがその日1日に放送した全ての番組の中で、
一番視聴率が高かったのが、『大好き!五つ子』だったという日まであったんですよね。(^_^;)
まぁ、『大好き!五つ子』が高かったというよりは、他の番組が低かったのが原因なんだけど・・・・・・
この日記へのリンク
2006年08月30日
「がきんちょ 〜リターン・キッズ」
子供たちが大人たちに反旗を翻して秘密基地に立てこもるとか、
まるで、『ぼくらの七日間戦争』を髣髴とさせる展開に。

『ぼくらの七日間戦争』
戦車とか出てきて展開めちゃくちゃなんで、大人になってからこの映画を初めて見てたら、
「何この映画?」ってなってたんだろうけど、当時ほんとに好きだったなぁ。
とにかく子供たちが大人たちをやっつけるのが痛快なんだよね。
「Seven days war 闘うよ〜♪ 僕たちの場所この手で掴むま〜で♪」

ちなみに、「がきんちょ 〜リターン・キッズ」の舞台は、1988年の設定。
『ぼくらの七日間戦争』が劇場公開されたのも1988年。
わざとでしょ? 絶対意識してるでしょ?(笑
この日記へのリンク
2006年08月29日
死んでませんよ、生きてますよ。
この日記へのリンク
2006年08月14日
本日は、ここ数日分の日記をダイジェストで。

大好き!五つ子。
なんか亜理沙ちゃんの出番、去年より多くなってる感じ。
去年は主役回があったんで、その分、他の出番の少なさは気にならなかったけど。

銭形雷の悪夢。
ドラマの中で銭形雷も言ってたけど、これ書いた脚本家相当暇だね。
とりあえず、銭形雷の主題歌のタイトルが、「明日吹く風」と判明。
個人的には、小出早織作詞の迷曲、「ラブラブサンダー(後日発売予定)」をおとなしく待ちます。
『ピ、カ、ピ、カ、ゴロゴロ〜 カミナリさ〜まがやってきた♪』

生物彗星WoO。
やっと最終回が終了。
予想してた通りの終わり方でした。

おはスタ。
この時期は生放送じゃないので、かなりどうでもいい。
そんなことより、トムさんはいつサッカーを教えてくれるのだろう。

先日発掘した、「グッドモーニングサンタクロース」のフルコーラスバージョンのプロモ。
やっぱりオリジナルは残ってないみたい。
何しろ、フルコーラスバージョンのプロモは、おはスタの長い歴史の中でも、
(私の記憶が確かなら)たった1回だけしか流されていないので無理もない。
ほんとよく残ってたよ。
ショートバージョンは何度となく流れてるんだけど、せっかくドラマ仕立ての凝ったプロモになっているのに、
ショートバージョンはカットしすぎて、全然意味わかんないんだよね。

いい機会なので、他の曲や他のユニットのプロモも、スタジオ生ライブも含めて整理してみる。
結構残してあるもんだねぇ、俺。
この日記へのリンク
2006年08月06日
旧PCが再び煙を吐く。
前回と全く同じ症状。
となれば再び修理に出せば無事に帰ってこようものだが、さすがに今度は実費になる予感がするし、
普通に使っているだけなのにこうも同じ症状が出るのは寿命かなとも。
まあ使用頻度も落ちてきていたことだし、いい機会なので永眠させることに。
長い間お疲れ様でした。

そこで中のファイルをサルベージ。
ところが出てくる出てくる。
普段全く開くことのないハードディスクの最深部から、おはスタを中心にお宝の山。
中には、すでに録画したVTRは消失したと思われる、おはガールバナナの、
「グッドモーニングサンタクロース」のフルコーラスバージョンのプロモーションビデオまで。
退避させていたのかぁ、俺。
ショートバージョンのプロモは前からあったんだけど、フルバージョンは貴重なんだよね。
元々がオンボロビデオの映像なのでクオリティーは低いが、残っていただけで感激。
他にも、ビデオから移したと思われるものから、オリジナルと思われるものまで、
とにかく色々と出るわ出るわ。

なんていうか、ハードディスクの残量が予想外に少ないなとは、ずっと思ってたんだよね・・・・・。
この日記へのリンク
2006年08月02日
えーっと、「がきんちょ 〜リターン・キッズ」の鈴木理子さん(元おはキッズ)についても、
少しぐらいは触れたほうがよいのでしょうか?
この日記へのリンク
2006年07月29日
今日の銭形雷は、私的には大ヒット。
話の造りはかなり適当だけど、コメディー好きの私にはたまらない回。
特にラストシーンの、"あれ"には、ちょっと感動。
間違いなく、現時点で銭形雷のベストエピソード。

以前は全くホームズに興味の無かった高村が、
泪の影響ですっかりシャーロキアンになっている設定や、
雷が泪の嘘泣きにだまされて会合に参加させられたという設定も、
シリーズのファンなら、思わずニヤリ。
この日記へのリンク
2006年07月28日
「大好き!五つ子」は、今年も相変わらず面白いや。
前作から、美穂が元おはガール、拓也が元おはボーイなんで、親近感もよりアップ。
でも今作には、「この番組に対するご意見ご感想をお寄せください」が無いね。
まさか、今年で終わりって事はないよね?
この日記へのリンク
2006年07月18日
あの人がどうなろうと、私の知ったこっちゃありません。
この日記へのリンク
2006年07月17日
大好き!五つ子GoGo!!
主題歌は前作の、「Real Me」の方が断然よかったね。
あれはなかなかの名曲だった。

今作には、幸代役の宝積さんが出演しないので、個人的には少し残念。
私のお気に入りキャラ、いとこの亜理沙ちゃんの出番はどの程度あるんでしょうか。
前作には、彼女の主役回もあったんだけど。

そういえば、亜理沙ちゃん役の吉田紗也加って、銭形雷にも出てるんですよね。
どの回のどこに出てるのかは秘密です。
この日記へのリンク
2006年07月14日
いよいよ来週から、『大好き!五つ子Go2!!』がスタート。
毎年毎年、『大好き!五つ子』が始まると、「あぁ、今年も夏が来たな〜♪」と思う。
この日記へのリンク
2006年07月09日
ついに小太郎が死んだ、生物彗星WoO。
物語はいよいよ佳境・・・・・かと思いきや、来週は未公開シーンを含めた、ここまでの総集編とか。
いや、あの、そういうのいらないから。。。。。
月末にまた野球中継があるし、ほんと先に進まないドラマだな、これ。

そんな中、円谷の会長は、「生物彗星WoOはPart.2を作りたい」とか言ってるし。
まあ仮に、ほんとにPart.2が作られるとしても、このストーリーで続編は難しいと思うんで、
続編ではなく、新編になりそうかな。
この日記へのリンク
2006年07月06日
携帯電話を買い換える。
また今回もドコモ。
ドコモの携帯電話じゃないと、ケータイ刑事のサービスが一部受けられなくなる。
物の見事に、「スポンサーの思う壺」状態の私。
まあ一番の理由は、継続利用の割引サービスがもったいないってことではあるが。
この日記へのリンク
2006年07月02日
銭形雷。
2ndシリーズに入り、オープニングの歌詞が変わる。
でも私、やっぱりこの曲好きだわ。
なんかいい。
映像が半ば、小出早織のイメージビデオ状態なのはご愛嬌。

それにしても、草刈正雄、第1話から飛ばしすぎ。(笑
何度繰り返して見ても飽きないや。
飛ばしすぎといえば、脚本、渡邉睦月も飛ばしすぎ。

高村 「銭形!? これなんかの間違いだ。彼女たち四姉妹だ。それで、映画で完結してるはずだ。」
映画で完結してるはず、って。
視聴者の会話ならともかく、ドラマの登場人物のセリフとしてはありえないでしょ。(^_^;)

さらに、
柴田 「言っときますけども、私の方が雷ちゃんとは付き合い長いですから。 2クールも一緒ですから。」
高村 「それを言うんだったらね、銭形シリーズ僕の方が先輩だよ。映画もやってるんだから。」

2クールとか、銭形シリーズとか、映画もやってるとか、これもう楽屋の会話じゃん。(^_^;)
この日記へのリンク
2006年06月25日
銭形雷。
前半、つまらないのなんと言っていたものの、後半、とくに終了間際に一気に盛り返し、
実にいい形で2ndシリーズにバトンタッチできた感じ。
で、来週から2ndシリーズ。
満を持して、バーボン刑事の登場です。
なんというか、予告編だけで、もうお腹いっぱい。
(サイトに載る短縮版ではなく、実際に放送されたロングバージョンね)
やっぱり高村さん、最高だわ。

草刈正雄という役者は、私のお気に入りの役者の一人です。
昔から、あの独特の演技というか、独特のテンションが、妙に私の壺にはまるんですよね。
他の役者には、あのテンションと演技は真似できないでしょ。
だから、ケータイ刑事への出演が決まったと聞いた時も、すごくうれしかったですね。

実際、彼は、「ケータイ刑事のミュージカル版をやろう(実現)」「時代劇版をやろう(山下真司編で実現)」
など、自ら様々なアイデアを出していたそうで、そういう意味でもケータイ刑事には欠かせない人です。
「シリーズ最低の駄作」と言われていた銭形泪が、彼が加入した2ndシリーズでは一転して、
「シリーズ最高傑作」との評価に変わったのは記憶に新しいですしね。
銭形雷2ndシリーズも、大いに期待してますよ。
この日記へのリンク
2006年06月15日
昔の私ではありえなかったことなんですが、最近おはスタが、『ながら見』になってますよ。
色々と忙しくて時間がもったいないってのもあるんですが、
一番の理由は、「面白くないから、つまらないから」。

以前から何度も言っているように、
私が好きだったおはスタはとっくの昔に終わり、今ではすっかり別の番組に。
もはや、ただ惰性で見続けているのみ。
この調子で少しずつ視聴時間を減らしていって、いつかは悲願の卒業を・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・できるといいね。
もし見るのをやめても、おはスタ関連の更新は続けるつもり。
ん? 更新するためには見なきゃいけないのか?
まあ見なくても、別に入ってくる情報だけで更新は可能でしょ。

さて、卒業できる日がほんとにやってくるのでしょうか。
この日記へのリンク
2006年06月11日
最近の戦隊ヒーロー物は、途中で人数が増えるのが当たり前らしく、
ボウケンジャーも近々1人追加になるようで。
で、その6人目というのが、おはスタの黒角研究員の中の人なわけで。
6人のうち2人がおはスタ出身者の戦隊ヒーロー。(^_^;)

ますますコントになってきた、生物彗星WoO。
このドラマの面白さの半分は、主役の谷村美月のかわいらしさと演技力で出来ています。
この子、実力派の女優としてメジャーになるよ、絶対。
この日記へのリンク
2006年06月06日
ケータイ刑事がらみで2点。

まず、劇場版のDVDの発売日が決定。
通常版と特典付の豪華版までは予想の範囲内だったけど、
まさか、HD-DVD版まで出るとはね。
時代の最先端を先取りだね。
アンドリウいわく、「劇場版2があるかどうかはDVDの売上しだい」なので、必死の模様。
(注:ケータイ刑事は低予算で作られております)

次に、銭形雷の2ndシリーズ。
第1話のゲストは、やっぱり宝積有香。
もちろんクイーン。

「ケータイ刑事」「トリック」「富豪刑事」
この辺りは、脚本家が重複しているので、色々リンクしたお遊びが多い。
ケータイ刑事にも、トリックで使われたセリフがそのまま出てきたり、
富豪刑事のキャラクターが出てきたりと、結構コラボレート済み。
この日記へのリンク
2006年06月02日
色々と仕事が忙しく、ここまで手が回りません。
来週には少し落ち着くかも。
この日記へのリンク
2006年05月21日
放送開始当初と比べ、すっかり特撮のクオリティーが下がって安っぽくなった、「生物彗星WoO」。
でも肝心のストーリーが、実に私好みのシリアスコメディーなので、かなりお気に入り。
(物語の根幹となるストーリーはシリアスだけど、エピソードの造り自体はコメディー)
主人公のキャラクター設定もいい感じだね。

しかし野球中継でたびたび休止になるのは何とかしていただきたいもので。
先月も2週潰れたし、また来週から2週お休み。。。。。
この日記へのリンク
2006年05月17日
芳賀優里亜の2時間ドラマを見る。
その昔、「おはガールグレープの美少女担当」と言われた優里亜様だけあって、
今でも凛としていらっしゃる。

ところで、彼女の事を、「優里亜様」と様を付けて呼ぶ理由を正確に答えられる人は、
現在どれぐらい残っているんでしょうか。
もうほとんどいないんだろうねえ。
今はもう、様を付ける必要はないんだけど、なんかおはスタ時代の癖が抜けないのよね、私。
この日記へのリンク
2006年05月12日
普通コマーシャルというのは、何度も何度も同じものが繰り返し放送されるわけだが、
今日の、「クロサギ」の枠内で放送される堀北真希のロッテのCMは、放送回数たったの1回、
この1回を見逃すと二度と見られない、超限定のレアCMということで、
ドラマ自体には全く興味のない私も今日ばかりは録画体制。
保存用として捕獲しました。
この日記へのリンク
2006年05月08日
昨日の日記を書いた後で、曽我町子さんがお亡くなりになったと知った。
報道などでは、おばQの声優として紹介されていたが、
私らの世代にとっては、特撮番組のイメージの方が圧倒的だ。
その中でもやはり、ヘドリアン女王。
デンジマンとサンバルカンに出演し、ヒーローが変われば敵も変わるという常識を覆し、
歴代のスーパー戦隊の中で唯一、同一の世界観を持つ作品にしてしまったヘドリアン女王。(Vシネマを除く)

生前、事あるごとに、「特撮番組が大好き」と語っておられた曽我さん。
遺作がマジレンジャーというのも、何かの運命なのか。
ご冥福をお祈りいたします。
この日記へのリンク
2006年05月07日
やっぱり末永遥はいいねぇ。
素の末永遥は超天然なんだけど、女優の時の彼女はほんと別人だよ。
まさにプロフェッショナルだね。
高校時代に学業優先で仕事を抑えてたのが、つくづくもったいなかったよなぁ。

ところで、30作記念の歴代スーパー戦隊紹介。
だんだん私のストライクゾーンから外れていってます。
完全にストライクゾーンから外れるのも、そう遠くはなさそう。
この日記へのリンク
2006年05月06日
ケータイ刑事。
あ〜あ、KANA姉さん逮捕されちゃったよ。(笑

来週は、クイーン女優・宝積有香登場。
この日記へのリンク
2006年05月02日
ケータイ刑事が大ヒットした副産物か、
長らく幻の作品状態だった、「華麗なる刑事」のDVDでの復活が決定。
29年前のバーボン刑事の勇姿が蘇る。

ケータイ刑事といえば、次回のゲストに元おはナビガールのKANAが登場。
最近ちょくちょくドラマに出てたらしいが、該当作を見ていないので、
動いてるKANA姉さん見るのは、実にフューチャーガールズ以来。
この日記へのリンク
2006年04月26日
今日は時間が取れたので、たまっていた作業を黙々とこなす。
サイトのCGI周りをいじり倒した後、
キャンディミントの楽曲ファイルの編集を。
あまり大きな声では言えないが、デフォルトの余計な仕様を取り除き、
ありがたくない保護状態から、自由な状態に。
これで気軽に持ち出しも出来ます。
この日記へのリンク
2006年04月25日
平井理央が始球式をするというので、スカパーで生中継を見る。
こういう時には試合開始前からオンエアが始まるスカパーはありがたい。
なかなかのナイスボールでした。

先日の杉浦友紀アナの話の続き。
どうやら彼女の出演した回は、一応DVDの第3巻に入っているようで。
ただ、どの程度の扱いで、どの程度の収録時間なのかは不明。

おはスタ。
『ローマの休日』を紹介するのは別にいいんだけど、
どうせなら、「Rome! By all means, Rome.」の所も、ちゃんと使って欲しかったよ。
この映画のクライマックス、一番いい所じゃん。
この日記へのリンク
2006年04月21日
職員のカラ出張問題で窮地に立つNHKで、仰天の新事実が発覚した。
女子アナウンサーを多数輩出してきた上智大「ミス・ソフィア」のグランプリ(GP)受賞者が、
この春、新人アナとして入局したのだ。
アナは学生時代、他のミス・キャンパスとともに写真集にも登場し、私生活まで披露。
民放で定着した「ミスキャン→女子アナ」というコースはNHKにも波及したのか?

その新人は、上智大文学部新聞学科卒の杉浦友紀アナ(22)。
大学2年だった3年前、ミス・ソフィアGPに輝いた。
愛知県出身で、米国、豪州に計8年も滞在していた帰国子女だが、その美貌や人柄は、
ミスキャンGP受賞者ら計27人が登場する写真集&DVDシリーズ、
「ミス☆キャンパス2003」(出版・アントレックス)の「WING」でうかがえる。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さすがに名前までは覚えていませんでしたが、
「上智」「ミス・ソフィア」「愛知県出身」の3つのキーワードでピンときました。
昔、『地名しりとり』に出てきた子だと。
録画保存していたDVDを引っ張り出してきて確認してみたら、やっぱり本人でした。
ほんとにアナウンサーになったんだなぁ。
しかもNHK。



この時の動画、
貴重品になりますかね?
それとも、市販されてるDVDに、
この子の回も収録されてる?

買ってないからわかりません。

番組内で、「もしアナウンサーになる事があったら、その時はCBCで」と約束しているのはご愛嬌。
この日記へのリンク
2006年04月20日
「みなさんのおかげでした」で紹介された、女子アナ相関図。
なんか、妙にリアル。

この日記へのリンク
2006年04月17日
ついにサブタイトルが無くなって、「おはスタ」に統一されてしまった、おはスタ第1部。
内容もずいぶんと変わりましたね。
現在は第1部もスーパーライブも、両方とも小プロが制作を担当しているので、
タイトルを別に付ける必然性が無いって言えば無いか。

昔、まだ第1部が別の制作会社がメインとなって制作されていた頃、
第1部には、「ハイパーソング」というコーナーがあって、
そこでは、おはガールの歌のプロモーションビデオなどが流されていた。
(ハイパーソング用に撮影されたものや、編集されたものなど)
おはガール以外の歌のPVも流れるため、ミニモニの全盛期などには、
第1部のハイパーソングのコーナーでミニモニのPVが流れ、
スーパーライブでも全く同じPVが流れるという、制作会社が違うが為におこる出来事もあったりしたが。

しかし今から数年前、第1部の制作も小プロだけが担当することになり、
小プロが単独で制作を始めてからしばらくした後、
おはガールアップル時代から続いた伝統コーナーは、いともあっけなく幕を閉じた。

ハイパーソングのコーナーを潰された恨みを、私はいまだに忘れていない。(大げさ)
この日記へのリンク
2006年04月09日
本日スタートの、「生物彗星WoO」
番宣見て期待大だったんだけど、やっぱり面白い。

NHKなんで予算たっぷり。
デジタルハイビジョン制作でCGも本格的。
民放の予算の少ない特撮ヒーロー物とは雲泥の差。
役者陣も揃ってるし、ストーリーが複雑で単なる勧善懲悪物ではないのも私好み。
久しぶりに、次週が待ち遠しいドラマに出会えました。
この日記へのリンク
2006年04月05日
オーディションの審査担当者が選ぶ、『仕事抜きで好きな10代のタレント』
芸能プロダクション新人開発担当者、オーディション審査担当者、 計50名にFAXでアンケートを実施。
無記名、複数回答あり。(オリコン調べ)


01位 長澤まさみ
02位 石原さとみ
03位 成海璃子
04位 沢尻エリカ
05位 新垣結衣
06位 黒木メイサ
07位 戸田恵梨香
07位 夏帆
09位 堀北真希
10位 小松彩夏
10位 榮倉奈々
10位 末永遥

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

10位 末永遥

さすがは歴代のおはガールの中でもトップクラスの人気を誇った末永遥。
(以前、「平井理央と末永遥」という内容でここにも少し書きましたね)
このそうそうたるメンバーの中、堂々のランクインです。
というか、このアンケートに、「末永遥」と答えた人は、おはガール時代からの支持者でしょ、絶対。
まさかボウケンジャーを見て気に入ったとも思えないしねぇ。

彼女のことをよく知らない人、とくにおはスタ時代を知らない人には、
とうてい理解できない順位だと思いますが、
あなたが思っている以上に末永遥という人はすごい人なんだって事で。

しかし、末永遥以外の元おはガールたちは、ベスト10内にはもちろんのこと、
ベスト10外の得票者の中にも、全く名前がありません。
だめだこりゃ。

それに比べて、7位の夏帆に、9位の堀北真希。
黒川芽以もベスト10外に名前があるし。
ケータイ刑事ってやっぱりすごいのね。
(宮崎あおいは20歳なので調査の対象外)
この日記へのリンク
2006年04月04日
音楽王国。
なんか去年の再放送が始まったんですけど。(^_^;)

どうやら急転直下、新作を作る予定が無くなった模様。
セイラ姫さん、残念でした。
こんなこともあるんだねぇ。(爆笑

だめだ、笑いが止まらない。。。。。
この日記へのリンク
2006年04月03日
おはスタのメインテーマ曲が4年ぶりに新しくなった。
まだやる気はあるんじゃん、と思った。
この日記へのリンク
2006年03月31日
ええ、キャンディミント残留ですよ。
おはガールは1年交代という常識は、もう過去の遺物なんですかね。

正式発表まで書けませんでしたが、勘のいい人や、私の思考回路が解析できる人には、
「私が頭の中で思い描いてたのとは違うかなって感じ」
この一文だけでも、充分バレバレだったようで。

まあ、他にも想定外の事が。
この日記へのリンク
2006年03月24日
早いもので今期のおはスタも残り1週間。
手元の資料によると、火曜日にBerryz工房がゲストとか。
こんな年度末の切羽詰った状態の中にこなくてもと思ったが、CDが出るようで。
最後の最後まで、宣伝番組おはスタ・・・・・

来期のおはスタに関しては、ポツポツ情報が入ってきてますが、例によって書けません。
私が頭の中で思い描いてたのとは違うかなって感じ。
この日記へのリンク
2006年03月21日

音楽王国。
どうやら、セイラ姫が4月以降も残留のようで。

この番組、結構好きなんだよねぇ。
おはスタと違ってスポンサー色がゼロなんで、
子供番組としてではなく、純粋に音楽番組として面白い。

ただこの番組、聖来の存在価値がよくわかりません。
一応、それなりに仕事は与えられてるんだけど、
聖来以外の司会の二人が、音楽のプロフェッショナルな上に、
充分笑いも取れる二人なので、
セイラ姫の、いてもいなくても同じっぷりがすごいです。

私がこの番組の中で一番好きなコーナーも、「王様の時間」という、
聖来さんが出演していないコーナーなんですな。(^_^;)

ちなみにセイラ姫は、王様の娘ではなく、王様の姪なんだそうで。
正直、どうでもいい予備知識ですね。
この日記へのリンク
2006年03月19日
銭形雷。
やっぱりケータイ刑事には金剛地だなぁ。

しかし来週も同じネタをやるとか、ある意味開き直ってますね・・・。
放送日が日曜から土曜に栄転になることですし、4月からの2クール目に期待します。
この日記へのリンク
2006年03月11日
先日のボヤキが関係者に聞こえたわけではないだろうが、来週の銭形雷は何か仕掛けて来たよ。
(来週の話なので、明日の銭形雷は普通のドラマ)
15分完結のドラマをまず放送し、後半15分は、今放送したドラマの音声を消し、
活弁士を使って、全く違うストーリーにしてしまうらしい。
1本の映像を、通常&活弁士という2パターンの音声で、
ストーリーの違う2本分の作品にしてしまうという、企画物。
そして何より、ゲストが金剛地武志!
かなり楽しみです。
この日記へのリンク
2006年03月10日
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
沖縄ブームを生んだドラマ「ちゅらさん」のパート4制作が決まった。
主演の国仲涼子さんらが10日、NHK沖縄放送局で「おばあを筆頭に頑張ります」と語った。
01年の放送で人気を呼び、03、04年の続編後も「続編を」との要望が絶えなかったという。
「家族」をテーマに今冬、前後編各60分で放送する。(毎日新聞)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

素直にうれしいです。
しかし、どんどん放送時間が短くなっていってますね。
さすがに、今作が最後かな。
とかなんとか言いながら、案外、延々と続いたりしてね。
この日記へのリンク
2006年03月07日
コンビニでついぞ見かけない商品を発見。
近づいてみると、「ポーション」と書いてある。
ああ、これが噂のポーションか。
そういえば昨日、フライングゲットした友人からメールが来てたっけ。

ポーションフラゲした
まずい!!!
あれは人間が飲むもんじゃねーー!!
気をつけろ!
(原文まま)

そう言われると興味が沸いてくるのは人間の性。
手にとって見る。
200円と書いてある。
正直高い。
でも、もはや好奇心を抑えられない。
1本だけ買ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・気をつけろ!
この日記へのリンク
2006年03月05日
銭形雷が恐ろしくつまらない。
今週は何とか及第点というレベルだったが、それも大甘に点数を付けての話。
役者陣はがんばっていると思うのだが、いかんせん脚本がダメすぎ。
このつまらなさは、「シリーズ最低の駄作」と言われた、銭形泪1stシリーズといい勝負だ。
銭形泪の場合は、2ndシリーズが一転して、「シリーズ最高傑作」と呼ばれるほどに大化けしたが、
銭形雷はこの先どうなっていくことやら。
ちなみに、私の好きなケータイ刑事のエピソードは、こんな感じ。

基本的にアレな訳なんだけど 〜銭形零の悪夢
BS初のミュージカル!! 〜歌って踊って殺人事件
耳で楽しむハイビジョンドラマ? 〜雪山湯煙混浴温泉あずさ28号殺人事件
高村刑事、絶体絶命 〜正しい日本語殺人事件

「銭形零の悪夢」は、佐藤二朗脚本の爆笑巨編。
主役の銭形零を演じた夏帆も、好きな回は?と聞かれたときに、この回だと答えてますね。
「歌って踊って殺人事件」は、銭形泪2ndがシリーズ最高傑作であることを決定付けた作品。
他の2本もコメディー回ですね。
基本的にコメディーが好きなんですな、私。
この日記へのリンク
2006年03月03日
日記のネタが無い時は、
「何か適当に写真でも貼って誤魔化せ!」 とまたまた教わりました。(嘘)


新ページになって最初の日記がよりによって。。。。。
誰か何かネタください。。。。。
この日記へのリンク

少し前の日記へ

少し後の日記へ

最新の日記へ

本サイト内のリスト・データ・画像等の転載及び二次使用を禁止します。