RYOの書斎

主人の日記とか更新情報とか

2020年12月26日
本年の更新はすべて終了いたしました。

1年間ありがとうございました。


2020年05月30日
ようやく自粛が緩和され、日常が戻りつつありますね。
自粛期間中は映画館もやっていないので、代わりにレンタルで色々と映画を見てましたよ。

最近見た映画では、韓国映画の「EXIT」と「完璧な他人」が良かったです。
日本の映画だと「メランコリック」がインディーズ映画ながら、なかなかの秀作。
こういう発見もレンタルの楽しみの一つですね。

あと、前に少し触れた、韓国映画「ブラインド」の日本版リメイク作、「見えない目撃者」もようやく見ましたよ。
吉岡里帆の演技は素晴らしいと思ったけど、やっぱり作品の出来としてはオリジナルの「ブラインド」の方が上ですかね。
特に気になったのが、いくら正義感が強いといっても、
目が見えないのに、犯人のアジトにこちらから乗り込んでいくというのは、さすがにありえないかと。
ここはやっぱり、オリジナルの韓国版や中国版リメイクのように、犯人の方から襲ってくるという展開の方が自然かと。
あと余談ながら、「犬が生きている」というのは、いかにも日本製のリメイクだなぁと思いました。

ああ、早く映画館で新作映画が見たい。
てか、久し振りに海外行きたい。


2020年04月19日
お久しぶりです。
大変な世の中ですけど、お元気ですか?

すっかり表へ出られない日々が続いてしまっているので、最近はネットゲーム始めました。
と言っても、特定のスキルが必要な本格的なネットゲームではなく、私の趣味の一つであるボードゲーム。

ボードゲームアリーナというサイトです。

簡単なゲームから複雑なゲームまで大量に用意されているんですが、
私が主にプレイしているのは、「ニムト」「キャントストップ」「お邪魔者」の3つ。
昔からボードゲーム版をプレイしていて、馴染みのあるゲームです。

「ニムト」と「キャントストップ」は、ルールも簡単な上に、短時間で終わるので気軽に楽しみたい時にオススメ。
他のプレイヤーとのチャットも必要ないので、英語がわからない人にも安心です。

「お邪魔者」は、他の2つよりはプレイ時間がかかるので、少し時間に余裕があったり、
それほど本格的ではないものの、少し頭を使いたい時にオススメ。
一応、少しだけ他のプレイヤーとのチャットのやり取りが必要なんですが、

「Top(上)」「Middle(中)」「Bottom(下)」「Gold(金)」「Stone(石)」「Sab(邪魔者)」の、
6つだけを理解してればなんとかなります。

何言ってるんだかわからない英語の会話は無視しちゃっても大丈夫だと思います。
それほど会話は重要ではないゲームなので。

みなさんもよろしければ、ぜひ参加してみてください。
面白いですよ。
トレーニングという成績に影響しないモードもあるので、最初はそちらで練習してもいいですしね。

事前に連絡を頂ければ、時間さえ合えば私とも待ち合わせ可能かも?


2020年02月10日
先月予想した通り、アカデミー賞で「パラサイト 半地下の家族」が英語以外の作品としては史上初の作品賞受賞。
他に、監督賞・脚本賞・国際長編映画賞も獲得して、計4冠。

素晴らしい作品に対する正当な評価。
本当におめでとうございました。


2020年01月10日
2020年最初の劇場鑑賞は、話題の韓国映画、「パラサイト 半地下の家族」
韓国映画史上初のパルムドールに輝くなど、最大級の評価を受けている作品。

韓国のミステリー映画やサスペンス映画は、意外に面白い作品が多くて、
「エンドレス 繰り返される悪夢」とか「ブラインド」とか「名もなき復讐」とか「犯人は生首に訊け」とか、
あとホラー映画だと、「新感染 ファイナル・エクスプレス」とか、
今まで色々と面白い韓国映画を見てきた中でも、たしかにトップクラスの作品。
パルムドールも納得です。

これはあるかも、アカデミー。


2019年12月24日
年末年始の買い出しに行ったら、宝くじ売り場で、
1枚100円で、『1等 1万円、2等 500円』という、何とも地味なスクラッチくじを売っていたので、
「5枚買って500円当たれば元返しでラッキー」って感じで買ってみたら、
1等の1万円が当たってしまい、実にうれしいクリスマスプレゼントでした。

あと、たったの1万円とはいえ、
「宝くじで1等が当たったことがある」という肩書を手に入れたのは大きいですね(笑)




2019年の更新はこれが最後です。

今年も1年間、ありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。



2019年12月13日


今日は「屍人荘の殺人」を鑑賞。

いやぁ、原作の世界観をうまく映像化していて素晴らしい出来。
比留子さんのキャラクターが、原作のミステリアスな雰囲気から、
コミカルなキャラクターに変わっていたけど、特に気にはならなかった。
この出来なら、ぜひ続編の「魔眼の匣の殺人」も映像化してほしいです。

ただ、完全に屍人荘のエピソードに特化していて、
"あの組織"に関する話は一切出てこないので、
原作を読んでいない人は、「そもそもなぜあんな事に??」って感じかも。

あと、「あげない」のセリフのシーンは、原作の方が断然衝撃的でいいですね。
なんで映画で変えちゃったんだろうって感じです。

ぜひ未読の人には、原作も読んでほしいです。


先月から今月にかけて鑑賞した4本の映画、
「ひとよ」
「ゾンビランド:ダブルタップ」←急遽追加した
「実写版 シティーハンター」
「屍人荘の殺人」
 は、どれも当たり。

実に素晴らしい、1年の映画鑑賞の締めくくりとなりました。
来年も良い映画に出会えますように。

天魔覆滅!(今の若い人にはわからないネタなんでしょうね…)


2019年11月08日
本日は、「ひとよ」鑑賞。

素晴らしいの一言。
今年の賞レースを賑わせること間違いなし。
特に田中裕子さんの演技は主役級。

松岡茉優は、去年に引き続き、今年も、「蜜蜂と遠雷」と「ひとよ」で、主演と助演、Wでなんか獲っちゃう?


2019年10月04日
今日は予定通り、「蜜蜂と遠雷」を見て来ました。
これで年内に劇場鑑賞予定の映画は残り3本。

ほんとは吉岡里帆が主演の、「見えない目撃者」も興味があるんだけど、
この映画、韓国映画の、「ブラインド」の日本版リメイクなんですよね。

なにしろオリジナルの、「ブラインド」の出来が素晴らしかったので、
あれを超える出来は期待薄かなってことで、絶賛スルー中です。


2019年09月13日
最近、頻繁に漏電ブレーカーが落ちるようになりまして、当然、初めは漏電を疑ったわけですが、
漏電箇所を確かめるために各部屋に繋がっている子ブレーカーを全部オフにしてる状態でも漏電ブレーカーが落ちるわけですよ。
そんな馬鹿なことはありえないわけで、これは漏電ブレーカー自体がぶっ壊れたなという結論に。

早速、電気工事屋さんにお願いして漏電ブレーカーを交換してもらいました。
予想通り、それ以降全く漏電ブレーカーが落ちることはなくなりました。

やはり、こういう時に慌てず騒がす冷静に原因を判断できる必要最低限の知識は必要ですね。、


2019年09月06日
今年はほんとに忙しくて、更新不能ですみません。

そんな中でも、年内にあと4本映画を見に行く予定。

10月 『蜜蜂と遠雷』
11月 『ひとよ』
11月 『シティーハンター(実写版)』
12月 『屍人荘の殺人』

特に『屍人荘の殺人』は、原作のあの独特の世界観をどう実写化しているのか楽しみ。
原作未読で、○○○映画が苦手な人が、普通の探偵物ミステリーだと思って見に行ったら、途中で大変なことになりそうだけど。

「あげない、彼は私のワトソンだ」


2019年05月03日
今日は、『映画 賭ケグルイ』を見てきました。
完全オリジナルストーリーということで、楽しみにしていたんですが、
いやぁ、素晴らしかったです。

唯一残念だったのが、取り上げられていたギャンブルが、
「票争奪ジャンケン → カイジの限定ジャンケン」
「デュアルクラッシュ・ポーカー → ハゲタカのえじき」
って感じで、オリジナリティーが薄かったところですかね。

あと、作品が作品なだけに、観客の年齢層が高めかと思ってたら、
けっこう小学生や中学生の女の子が友達同士で見に来たりしてて驚きました。


2019年04月26日
お久しぶりです。

今年はなんだかメチャクチャ忙しくて、なかなか更新の暇もありません。
見に行った映画も、前回の日記から2本だけ。

3月の『THE GUILTY/ギルティ』と、今日の『バースデー・ワンダーランド』の2本だけ。

『THE GUILTY/ギルティ』は、人間の想像力の豊かさを再認識させられる映画。
まさに「映画に映像なんていらんのですよ」って感じの隠れた秀作。

『バースデー・ワンダーランド』は、なんと言うか、途中の間延び感がすごいというか、
「なんとかうまくあと30分ぐらい短くまとめてくれていたら」と思わずにはいられない。
エンドロールの、新しいの&色あせた"アレ"は、「やっぱり」って感じ。

次回は、来月の「映画 賭ケグルイ」


2019年02月08日
今日は、映画2本を劇場リレーで鑑賞。

Back Street Girls -ゴクドルズ-
なかなか上手く実写化してた。
再来週からTVドラマのシリーズも始まるので、こちらも楽しみ。
ドラマのスタート前には見ておきたい作品。

劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉
いやぁ、もう懐かしさで感動。
エンディングで「Get Wild」が流れる中、TVシリーズの「グッバイ槇村」の回が流れた時にはもう・・・。
言葉にならないっす。

いい1日でした。


2019年01月25日



2019年、最初の劇場鑑賞はこれ。

悪くはないんだけど、もうあと1押し何かあればって感じでした。

演者は皆素晴らしかったです。




2019年01月01日
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します


2018年12月05日



「カメラを止めるな!」のブルーレイ買いました。





Amazon限定特典の「リハーサルDVD」付き。





ついでに「公式ファンブック」も購入。




2018年11月02日



今日はこの映画。

多分、これが今年最後の劇場鑑賞。
また来年。

ところで、「シティーハンター」と「ゴクドルズ」の公開日が同じ日になって困り中。
上手くリレーするか、それとも別日にずらそうか。




2018年10月26日
板門店の軍事境界線が自由往来になるらしい。
1回行けば充分だと思ってたけど、来年、2回目行くかどうか考え中。



昨年に行ってきたときの写真。




2018年10月19日


 「遊星からの物体X」のデジタルリマスター版。
 結局、見に行ってきた
 もう何回も見てるのに、何度見ても面白い。

 ちなみにこの映画には、
 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」っていう、前日譚を描いた映画があるんですが、
 駄作の多い前日譚モノには珍しくまぁまぁの出来。

 ノルウェーチームに何があったのかが描かれているので、見たことのない人は是非。
 ラストシーンは、「遊星からの物体X」のオープニングのあのシーンに見事に繋がってます。



2018年10月09日
今日、3回目の「カメラを止めるな!」を見に行ったのだが、
そこで初めて、近々、「遊星からの物体X」のデジタルリマスター版が上映されることを知った。
見に行くかどうか、本気で悩んでる。
むしろ逆に、"4DX"版があったら迷わずに見に行く気もするが、さすがに無いだろうな。


2018年08月28日
最近、Steamに人気ボードゲームの「Pandemic(パンデミック)」が追加されたので、さっそくプレイ。
いちいちテーブルの上にボードを広げたり、コマを配置したりせずに、簡単にソロプレイできるのはありがたい。
かなり頭を使って難しいのは、デジタル版でも相変わらずですが。

ただ、色々バグが有ったり、まだまだインターフェイスが洗練されていないのは残念。
拡張セットは導入されてないし、「実績」も機能してないし。

まあゲームの性質上、ネット対戦というか、ネットでの協力プレイに非対応なのはやむなしか。
チャットかボイスチャットが必須のゲームですからね。





2018年08月17日
本日、2回目の「カメラを止めるな!」鑑賞。
オチを知っているだけに、もうワンカット目からすでにニヤニヤして見ちゃう。(笑

今回は、前回うっかり買いそびれたパンフレットもしっかりと購入。
なんと、決定稿まで掲載されているという神仕様。
シナリオを読むと、映画ではカットされているセリフも多くて、
しかも「このセリフは確かに無い方がスッキリしてていいな」っていうセリフがちゃんとカットされている感じなんですよね。

いやぁ、やっぱりこれ作った人、素晴らしいよ。


2018年08月03日


 今日は、今話題の映画「カメラを止めるな!」を見てきました。
 めちゃくちゃ面白かったです。

 前半、「ん??」というシーンがたくさんあるんですが、
 後半それらが一気に氷解していく瞬間の爽快感。

 断言します。
 この映画は絶対に劇場で見るべき映画。
 独りで、家で、DVDで、という作品ではないです。

 聞けば、この映画の製作費、たったの300万円だとか。
 何千万、何億円と使ってつまらない映画を作りまくってる人たちもいるというのに。

 やっぱり映画はアイデアだね。



2018年07月13日


 今日は恐竜の映画の最新作を。

 せっかくなので、奮発して「4DX 3D」で鑑賞。
 久しぶりに、3Dの映画を見たので目が疲れた。

 ブルーは相変わらず可愛い。
 しかし、あのラストは想定外。



2018年07月03日
今日は平日だけど少し時間があったので、
ノベライズ本を読んでから見ると、また違った視点で見られるであろうと、2回目の「万引き家族」へ。
平日なのにかなりお客が入っているが、年齢層がかなり高い。
相変わらず、柄本明さんのあのセリフのシーンでは、場内がちょっとざわめくよね。

次回は、恐竜映画の新作を4DXで見に行こうかしら。


2018年06月08日
今日は、「万引き家族」の正式な公開初日。
パンフレットを買いに行きつつ、ついでにノベライズ本も購入。

映画ではわからなかった細かい描写もしっかりあって、なるほどそういう事だったのかと思わされる。

名作。
2018年06月02日


 まだ帰国の疲れも取れない最中ではありますが、
 本日から先行公開の「万引き家族」を鑑賞に。

 映画は自体は、とても良かったんですけど、
 この映画の良さが、海外の人にも伝わったというのが、ちょっと意外かも。
 日本人独特の味わいかと思ってました、こういうの。




2018年06月01日
本日、ソウル旅行から帰ってきました。

帰りの飛行機が、機体不良で離陸後に仁川に引き返すというトラブルがあったおかげで、
予定の時間よりも大幅に遅れて帰国。
まあ、帰国後には何の予定も入れて無かったんで、何も問題は無かったわけですが。

むしろ、航空会社から遅延補償金が貰える分、ありがとうございますっていう感じ。


2018年05月08日
世間ではゴールデンウィークも終わったようですが、私は今年も今月末辺りにソウルに行ってきます。

前々回は実弾射撃場に行ったり、前回は軍事境界線の板門店まで行ったりしてきたけど、今回は都心あたりを色々とウロウロする予定。

いつも利用しているホテルが、最近新設された、ホテルの宿泊料金の消費税還付制度の対象ホテルになったので、少しお得になったのが嬉しい。


2018年04月09日


 お久しぶりです。

 今日は、これを見に行きました。
 シリーズ全作見てます。





 次は、これを見に行きます。



2018年03月17日

 お久しぶりです。


 今日は、これを見に行きました。
 シリーズ全作見てます。
 名作です。





 来月は、これを見に行きます。
 シリーズ全作見てます。



2018年02月02日
『Talisman Digital Edition』

前回の日記でお伝えした、「I win twice ... right?」の実績のバグは修正されました。

早速、再コンプリート!


2017年12月21日
先日、『Talisman Digital Edition』に、「Harbinger拡張」と、それに伴う「実績(トロフィー)」が実装されました。

ただし現時点で、「I win twice ... right?」の実績は、バグにより取得不可能となっているようです。


2017年11月13日
9月に行ってきた、南北軍事境界線の「板門店」で亡命騒動が起こったんだねぇ。


2017年09月25−28日



南北の、「軍事境界線」に行ってきた。

中央の一段高くなっている所が境界線で、
その手前の砂利石の所は韓国で、奥の砂地の所はもう北朝鮮。




建物内。

机の上の国連旗と手前のマイクを結んだラインが軍事境界線。

なので、この写真を撮っている時は、左半身が韓国で右半身が北朝鮮。




ちなみに、よ〜く見ると、
奥の北朝鮮の建物の入口に、北朝鮮兵も確認できました。



2017年08月30日
タリスマンの、「Digital Edition」に、ついに、「The Dragon」が追加されました。
ハウスルールの設定にもドラゴン関連の設定項目が追加されているので、確認しておきましょう。
先日追加されたドラゴン関連の実績も、実質的に本日解禁です。

前回、翻訳するかどうか未定と言っていた、無料配布のファンエキスパンションについては、
仲間内から、「リアルのゲームでは使わないけど、いずれ、Digital Editionに追加されるかもしれない」
という意見が出たので、いつか翻訳します。


2017年07月18日
永らく配布を続けていた、「タリスマン」の日本語訳ですが、そろそろ配布を終了しようかと思っています。
なかなか思うように、添削・修正する時間もなくなってきていますし。
無料配布のファンエキスパンションについては、翻訳するかどうか未定です。


2017年05月29−31日



行ってきた。


韓国ソウル明洞実弾射撃

撃ってきた。




これならゾンビに襲われても生き残れそうだ。

またそのうちに行きます。



2017年05月12日
歴代おはガールリスト」の備考欄に、以下に該当するおはガールの記述を追加しました。

 (送1000回突破記念特番出演
◆(送10周年記念週間 メモリアルゲスト出演
 山寺宏一卒業記念月間 メモリアルゲスト出演
ぁ〇鎧宏一卒業記念月間 ビデオメッセージ出演


2017年04月17日
本日、「おはスタ」が記念すべき放送5000回目。

番組内容的にはほぼ通常放送だったけど、3000回と4000回の時は、番組内で完全スルーだったので久し振りの記念放送。

思い起こせば、放送2000回の時は、ここでも大論争が起こりかけたっけ。
結局、5000回目は1000回目の時と同じ勘定法に戻ったので、
やっぱり2000回目の時がスタッフの勘違いと言うか、間違いだったというか、イレギュラーだったんだろうな。


2017年04月11日
芳賀優里亜様がご結婚とは、私も年をとるわけだ。


以前、マイベスト木曜おはガールにも選んだ、芳賀優里亜様。
お懐かしゅうございます。


2017年04月01日


行ってきました。



2017年03月01日
「Talisman Digital Edition」の実績。
ようやく今回追加された68種、全部クリアしました。
これで全169種コンプリートです。
お疲れ様でした。


2017年02月24日
「Talisman Digital Edition」に、新しい"実績"が追加されています。
一気に60以上も追加された事と、中には獲得条件が恐ろしく難しいものもあって、日々格闘中。
まだまだコンプリートまでは先が長い。

なお、ネット対戦の受付は現在も継続中です。(過去の日記参照)


2017年02月02日
「Talisman Digital Edition」に、Firelands拡張が導入されました。
と同時に、かねてから要望が出されていた、狼男のNPCの不使用設定ができるようになりました。
というわけで、こちらもハウスルールとして正式採用決定です。

当サイトの主人との対戦希望も引き続き受付中。
トップページの掲示板か直接メールでどうぞ。
チャットで会話しながらプレイできますから、英語がわからなくて迷惑かけそうっていう人もお気軽にどうぞ。
基本セットのデータしか持っていない人でも大丈夫ですよ。
例によって結構多忙な身ので、予定がなかなか合わなかったらごめんなさい。

当別荘の主人が普段、「Talisman Digital Edition」で導入している設定
・拡張 = シティー拡張のみオフ
・ランダムキャラクター
・キャラクターセレクション
・スタンダードキャラクターオンリー
・狼男NPCなし
・公開エンディング(支配の王冠のみオフ)
・血まみれタリスマン
・探索カード交換あり


2017年01月08日
ボードゲーム「タリスマン」の最新拡張セット、「The Cataclysm」の翻訳がようやく終わりました。
メインボードそのものを別のボードに変えてしまうという新機軸の拡張セットなので、面白い感じですね。
配布開始は、まだまだ先になります。

代わりに、「The City」の配布を再開しました。
すでに、Digital Editionには導入されているので、困っていた方は是非。

でも、シティー拡張はバランスブレーカーなので、私は導入していません。
Digital Editionをプレイする時も、シティー拡張はオフにしてプレイしています。

最後に、Digital Editionをプレイしてみたいけど怖くてできないという方がいたら、
私で良ければお相手しますのでお気軽にどうぞ。
基本セットのデータしか持っていない人でもOKですよ。(Steam版です)
ただし、結構多忙なので、予定がなかなか合わなかったらごめんなさい。

当別荘の主人が普段、「Talisman Digital Edition」で導入している設定
・拡張 = シティー拡張のみオフ
・ランダムキャラクター
・キャラクターセレクション
・スタンダードキャラクターオンリー
・公開エンディング(支配の王冠のみオフ)
・血まみれタリスマン
・探索カード交換あり


2017年01月01日
あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願い致します。


2016年12月18日
ボードゲーム、「タリスマン」の翻訳。
永らく翻訳停止中でしたが、この度再開しました。
最新の、「The Cataclysm」の翻訳完成はまだ少し先になりそうです。


2016年12月04日
お久しぶりです。
最近は、Twitterでの情報発信になっているので、この日記の更新はほぼ停止状態です。
今後は、なるべくここの日記も更新していければいいんですが。
なお、サイト自体は不定期でちゃんと更新しているので、ご安心を。

今日は、年に1度のお楽しみ、すイエんサーの「知力の格闘技」のグランプリ大会の公開収録に行ってきました。
この公開収録は、毎年必ず見に行っています。
今回の競技は、今までの大会では1度も無かった、「直接バトル」が実現しているので、特に面白かったです。
そして、結果は。。。。。

テレビでの放送日は、来年の1月10日と17日です。
とにかくものすごいことになっているので、ぜひ見てみてください。
ちなみに、すイエんサーガールズの競技参加メンバーは、「リサ、かりん、ちかやん、まひる」という、超ガチメンバーです。


2015年12月06日
今日は、「すイエんサー」の公開収録に行って来ました。
人気企画、「知力の格闘技」のグランプリ大会です。
もちろん内容や結果はまだ言えませんが。

とにかく素晴らしかったです。
放送は来年なので、どう編集されているかも楽しみ。
あと、時々目の前を通るすイエんサーガールズのメンバーが可愛かったです。


2015年10月31日
一昨日、タリスマンのデジタル版に、「City」が追加されました。
プレイしていて気が付いたんですが、ボードゲーム版とデジタル版で効果の異なるカードがあるんですよね。
他にも、「このカードの挙動はほんとにこれでいいんだろうか」っていう疑問のあるカードもあったりして。
どちらにしても、プレイするには多少の注意が必要です。

しかし、シティーが導入されると、ゲーム性が一気に変わりますね。
金貨が超重要になります。


2015年10月14日
今日は、インフルエンザの予防接種に行って来ました。
今年から、去年までの3価ワクチンから4価ワクチンに変わったらしいんだけど、
私が毎年射ってもらっている病院は、料金据え置きでありがたかったです。
結構、値上げしてる病院も多いらしいので。


2015年08月27日
とりあえず、メール受付を再開しました。
ただし、返信には通常よりも時間がかかる可能性もあります。

また、タリスマンの素材配布に関しては、
現在、「Digital Edition」に導入されている拡張に限り、配布を再開致しました。
「休止中」になっている素材に関しては、希望があっても配布できませんのでご了承ください。


2015年07月24日
お久しぶりです。
ようやく少し落ち着いてきたので、近日、メールの受付を再開します。(まだ再開していません)

なお、タリスマンの素材配布に関しては、配布する素材の種類を一部の素材に限定して再開する予定です。


2015年03月01日
現在、管理人が超多忙につき、すべてのお問い合わせなどに対応できません。
ご迷惑をお掛けしますが、ご了承ください。


2015年02月15日


今日は、「リトル・フォレスト 冬編・春編」を観てきました。

去年見た、「夏編・秋編」がなかなかいい出来だったので、
見に行こうと決めてたんですよね。
自然や食を楽しむ映画なので、そういう映画がお好きな人にはオススメです。


そして、今日はもう1つ。

長期に渡り切れたままになっていたパスポートを、ついに更新してきました。
今年は無理としても、なんとか来年ぐらいまでには、長年の夢だった、「あそこ」に行けるといいな。
せっかくなので、「あそこ」以外にも、先にどっかに行っときたいんだけどねぇ。


2015年02月02日
今日と明日は、お仕事が臨時休業なのです。



2015年01月05日
おはスタ。

今を遡ること12年前。
2003年1月6日のおはスタで、「オメ〜で隊!!」というコーナーをやった。
未年の最初の放送日ということで行われたコーナーだったが、そのコーナーの最後にこう付け加えられた。

「次は12年後だメ〜!!」

それから12年。
12年間楽しみに待っていたというわけではないのだが、
それでもちょっとは期待をして、2015年最初のおはスタを見てみたのだが・・・・・・。

やらなかった。
「オメ〜で隊!!」やらなかった・・・・・・。

そりゃまぁ、普通は覚えてないよね。(笑


2015年01月01日
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


2014年12月19日
復活版の「クイズダービー」を見る。
やっぱり巨泉さんは、本物の司会者だね。

今のなんでもスタッフから指示の出るバラエティと違って、
倍率から解答を開ける順番まで、全部その場で巨泉さんが決めてるから、
リアリティーがあってより面白いんだよ。

はらたいらさんがいなくなって、もう復活は難しいかと思ってたけど、
巨泉さんがいる間は、クイズダービーは復活できそうだ。

ちなみに、僕は掛ける側ではなく、回答者として楽しんでます。
今回は3問中、2問の正解でした。
スカパーで放送された時の通算正解率が最終的に3割7分ぐらいだったので上出来。


2014年12月05日
今週から、「高専ロボコン」の地方予選の放送が始まったんで毎日見てるんですが、
相変わらず全国大会よりも地方予選のほうが面白いですね。
各ロボットの特徴を詳しく紹介してくれるし、色々なテーマのロボットをたくさん見れて。

あと、今年のテーマは、物をいくつ運ぶかが自分で決められるので、ちょっと戦略的になってるのもいいですね。
やっぱり単純にロボットの性能だけで勝負が決まるよりも、
なにかしら人間の意思が働いたほうが、競技としては面白いと思うのですよ。

ただ、「30枚を一度に運ぶよりも、16枚を2回運んだほうが勝つ」という、
ちょっと納得のいき辛い問題も新たに発生するわけですが。
まあその辺りは、勝敗の方ではなく、「ロボコン大賞」の方で評価してもらうということで。
残念ながら、全国大会で30枚にチャレンジする学校はなさそうなんだけどね。


2014年11月17日
先日、タリスマンの最新拡張、「The Deep Realms」が発表されました。
前作の、「Woodland」で、メインボードの4つの角が全て埋まって、今後はどうなるんだろうと思っていたんですが、
まさか、拡張ボードと拡張ボードを繋ぐ拡張が出るとは思いませんでした。
まさに盲点でした。

第1弾の、「The Deep Realms」ではダンジョンとシティーが繋がります。


2014年11月15日




今日は、「神さまの言うとおり」を観てきました。

内容は、さすがR-15指定って感じ。

とにかく、神木くんの演技が神がかってたとしか。
あとは、ヒロインが全然ヒロインぽくないのがなんとも。

多分これで今年の劇場鑑賞は終了。
今年見た映画の中では、「女子ーズ」と「白ゆき姫殺人事件」が私的ツートップかな。
コメディーなら「女子ーズ」、サスペンスなら「白ゆき姫殺人事件」

あとはゆっくりレンタルで旧作でも楽しみます。


2014年10月27日
「タリスマン」関係のニュースを3つ。

先週ついに、「Digital Edition」に、「Dungeon」が追加されました。
やっぱり一気に世界が広がりますね。
今まで無能役職だったオーガとネクロマンサーにも、ようやく勝ちパターンが確立されましたしね。

ボードゲーム版の最新拡張、「The Woodland」について。
近日、翻訳の配布を開始します。
初心者お断りのカテゴリに入れる予定でしたが、やっぱり違和感があったので、
これを機会に、配布形態そのものを見直しました。

さらに、「Digital Edition」をプレイしたけど、基本セットと死神拡張の日本語訳がないのでプレイできないでいる方のために、
基本セットと死神拡張の日本語訳の配布も開始しました。
あくまでも、「タリスマンのルールは知っている」という人向けなので、ルールはボードゲームを買って覚えてください。


2014年10月19日

今日は、すイエんサーガールズのライブに行ってきました。
3期メンバーになってからはまだ一度も行っていなかったので、結構久し振り。
すイエんサーガールズはNHKがスポンサーなので、
イベントにしろライブにしろ、全部タダなのがありがたいね。

しかし、相変わらずすイエんサーガールズのイベントは、
普通のアイドルグループと違って、家族連れや親子連れの割合が圧倒的に高い。
2期メンバーでまいんちゃんとかが加入して以降、客層が確実に変わってきてるけど、
まだまだ"そういう人たち"はかなりの少数派だ。


以下雑記。

・今回もメインの進行役をまかされてのはかりんだったけど、彼女の進行力とアドリブ力が相変わらず素晴らしい。
・「ニュートン」のパートは、みみの不在時を埋めてたまなみんがそのまま新担当になってた。
・王子はほんとにボーイッシュでかっこよかった。


2014年10月07日
タリスマンの最新拡張、「The Woodland」の翻訳は、すべて終了しました。
が、清書したり、日本語版のキャラクターカードを作ったりする気力がないので、完成予定は全く未定です。
ただし、一つだけ確定していることがあります。

配布時は、「初心者お断り」のカテゴリーに入れます。
2014年09月26日




今日は、「劇場版・零」を観てきました。

前半、ものすごくダラダラしていて、どうなることかいなと思いましたが、
後半、怒涛の展開で、なんとか盛り返した感じ。

というわけで、作品自体の評価としてはかなり微妙。

今のところ、来月の鑑賞予定は1本も無し。
11月に、2本ほど鑑賞予定があります。



2014年09月24日
なんだか知らんが、また松岡さんのサイン入り写真が当たった。


2014年09月20日
先日、タリスマンの最新拡張、「Woodland」が発売になりました。
これでメインボードの4つの角がすべて拡張ボードで埋まったことになります。
はたして、今後はどのような展開になるのでしょうか。

それにしても、Woodland。
拡張の割にオリジナルの要素が多すぎるぞ。
まあ、Dragonほどではないけど。


2014年09月07日
久し振りに、当選報告。
今回は、松岡茉優さんのサイン入り写真です。
松岡さんのサイン入り写真が当たったのはこれで二回目。

50円の切手とハガキがまだ余っていたので、使い切っちゃおうと思い、
何冊かの雑誌のプレゼントに応募したので、その中の1枚が当たったようです。
追加で買った2円切手が無駄にならなくて良かったです。


2014年09月05日




先週の予告通り、今日は、「放課後ロスト」を観てきました。

ショートストーリー3本のオムニバスなんですが、
個人的には1本目の、「リトル・トリップ」が良かったです。
ほののん(未来穂香)が素晴らしかったです。

今月は、月末あたりにもう1本映画を見に行くかもです。



2014年08月30日


今日は、本日公開の映画、「人狼ゲーム ビーストサイド」と、
「リトル・フォレスト 夏編・秋編」を観てきました。

「人狼ゲーム」は、桜庭ななみが主演した「人狼ゲーム」の繋がりのない続編ですね。
相変わらず、人狼ゲームがテーマの映画は、色々と突っ込みどころが満載ですが、
人狼ゲームがテーマの映画としてはおそらく初めてであろう、
人狼サイド視点での映画だったのが新鮮でした。
主演の土屋太鳳もさすがでしたしね。

「リトル・フォレスト」の方も、正直あまり期待はしていなかったのですが、
これがなかなかのいい出来。
自然を扱った、好みがはっきり別れるタイプの映画だと思うのですが、
私にはあっていました。
来年公開の、「冬編・春編」も視聴決定です。

来週も、1本映画を見に行く予定です。



少し前の日記へ

本サイト内のリスト・データ・画像等の転載及び二次使用を禁止します。