はげたかの餌食(Hels Der Geier)


単純明瞭、シンプルなルールでお手軽に

このゲームは、手札の数字カードと引き換えに得点カードを獲得。
獲得得点の多いものが勝つという、非常にシンプルなゲームだ。

手札は一人15枚。
カード構成は全プレイヤー共通で、1から15までの数字が1枚ずつだ。
得点カードも15枚。
こちらは、マイナス5からプラス10までだ。(「0」はないので)

ゲームはラウンドごとに進行する。
ラウンドの始めに、裏返しに積まれている得点カードを1枚、表に向けて出す。
各プレイヤーは手札の中から、このカードを獲得するための数字カードを選択。
裏向けに場に出した後、全員が出し終わった所で一斉にオープン。
最も大きい数字カードを出したプレイヤーが場札の得点カードを獲得する。
ただし、場の得点カードがマイナスのカードだった場合には、
逆に最も小さい数字カードを出したプレイヤーが獲得しなければならない。
また、数字カードは使い捨てのため、
得点カードを獲得できたかどうかには関係なく、使用したカードは捨て札となる。

こうして、全15ラウンドをプレイし、
合計獲得得点の最も多いプレイヤーの勝ちとなるのだが、
このゲームの面白さを格段に上げているのが「潰し合い」のルール。
二人以上のプレイヤーが同じ数の数字カードを出した場合には、
それらは全て「潰しあった」とみなされ、獲得の権利を失うのだ。

たとえば、三人でプレイしていたとしよう。
場のカードは「プラス10」
そこでプレイヤーAとBは「15」の数字カードを出した。
プレイヤーCは「1」だった。
この場合、AとBの「15」は潰し合いで消滅!
「プラス10」のカードは、なんとプレイヤーCのものになるのだ。
状況によっては、参加者全員のカードが潰し合い、
場のカードが次ラウンドに持ち越しになったりもするので面白い。

子供からお年寄りまで、ファミリーで楽しめる。

デ ー タ
プレイ可能人数 2〜5人
主人お奨め人数 3〜5人
ワンプレイ時間 約10分
その他 1988年ドイツゲーム大賞ノミネート

本サイト内のリスト・データ等の転載及び二次使用を禁止します。