ダイナマイト(Dynamite)


「あっ」という間に終わります(爆)

このゲームは順に手札を出して行き、
爆弾を爆発させてしまった人の負けという、いたってシンプルなゲーム。
しかしこれが面白い!

あなたの目の前には、爆発までの秒数が「20秒前」の爆弾がある(とする)。
全プレイヤー4枚ずつの手札をもらってゲームスタート。
手番のプレイヤーは、手札の中から1枚を場に出し、山札から1枚受け取る。
これを繰り返すため、常に手札は4枚だ。

基本となるのが「数字カード」
0から5まで、6種類存在する。
これは単純にその数の分だけ、爆弾の秒数を進ませるカード。
ゲーム開始時は「20秒前」なので、最初のプレイヤーが「5」のカードを出せば、
残りカウントは「15秒前」ということになる。
声高らかに「15秒前!」と叫んでカードを出そう!

もうわかりましたね。
そうです。
0秒前、すなわち爆弾を爆発させてしまったプレイヤーの負けなのです。

しかし基本の数字カード以外に特殊カードもあるので、気が抜けない。
タイマーを5秒戻すカード。
カードを出す順番を反転させるカード。
次のプレイヤーに2回連続プレイさせるカード。
(このカードは、反転カードで打ち返されるので怖い)
他にも、カウントを一気に「30秒前」に戻してしまうカードなんてのも。

しかしこのゲームの最大のポイントは、「爆発カード」。
このカードは使った時点で爆弾を爆発させることができる。
えっ?
爆弾を爆発させたら負けだろうって?
その通りです。
つまりこのカードは単純にお邪魔カード。
使いたくても使えない、手札を圧迫するだけのカードです。
しかもこのカード、ご丁寧に「4枚」存在します。
最悪の場合、手札が全て「爆発カード」になります。(笑)

しかし負けたわけではないのが面白い。
一度実際にあったことなんだけど、
4枚全部が「爆発カード」になり、手番が回ってきた時点で負け。
ところが、反転だのなんだので、手番が回ってくる前に他の人が爆死しました。(爆)

1ゲームが短いので、ゲーム会の時など、
「誰かコンビニでなんか買ってきて」って時など、
このゲームで買出し役(罰ゲーム感覚)を決めたりもできます。

デ ー タ
プレイ可能人数 2〜6人
主人お奨め人数 4〜6人
ワンプレイ時間 約1〜3分
その他 な し

本サイト内のリスト・データ等の転載及び二次使用を禁止します。