脱獄ゲーム(Ausbrecher AG)


このゲーム、刑務所の中で囚人が考えたらしい(笑)

このゲームは、刑務所から脱獄した7人の囚人たちの、
脱出用ボートにたどり着く、その順番を予想するゲームだ。

ボートは全部で4艘。
始めの3艘(ボート1〜3)が二人乗り。
最後の1艘(ボート4)が一人乗りだ。
囚人たちはボート乗り場に着いた順番に、1から4のボートに乗っていく。
つまり、一番目と二番目がボート1。
三番目と四番目がボート2。
五番目と六番目がボート3。
最後の一人がボート4だ。
7人の囚人たちは色分けされているので、
プレイヤーはゲームの最初に、どの色の囚人が何番のボートに乗るかを予想する。
ボートに乗る順番は関係ない。(最初に乗ろうと後に乗ろうと)
また、この予想は他のプレイヤーには公開しない。
こうして全員の予想が出揃ったらゲーム開始だ。

刑務所から脱出用のボートまでは1本道。
プレイヤーたちは交互にサイコロを振り、その数だけ囚人を進ませるのだが、
このシステムが面白い。
サイコロは全部で7色。
つまり、囚人たちと同じ色が揃っている。
プレイヤーはこの7色の中から、3つのサイコロを自由に選択。
選択したサイコロだけを振る。
逆に言えば、サイコロの振られない囚人は、全く進むことが出来ないわけだ。

また、特別なサイコロとして「後退用サイコロ」がある。
これはプレイヤーが選択した3つのサイコロと同時に振られるもので、
このサイコロの数だけ、どれか一つの囚人を刑務所へ向けて後退させることができる、というもの。
こうしてプレイを繰り返し、全ての囚人がボートに乗ったらゲーム終了。
予想が的中した囚人の乗ったボート番号が、そのまま点数になる。
(つまり16点満点)
もちろんポイントの多いプレイヤーの勝利だ。

このゲームのポイントは、他人の予想を読むこと。
当然、自分の予想が当たるように囚人たちを動かすはずなので、
他人の予想を読めば邪魔がしやすくなる。
逆に、自分がゴールさせたがっている囚人ばかり積極的に動かすと、
他人にそれがバレ、一斉に後退サイコロの餌食になったりするので注意。
上級者になると、
「あの色はあいつが動かしてくれるから、俺はこっちを動かしておき、最後の最後に追い抜いて・・・」
みたいな、深読みもできるようになる。

他人の予想の邪魔をしながら、自分の予想の実現に向けて囚人を動かす。
その手腕と、サイコロ運の問われるゲームだ。

デ ー タ
プレイ可能人数 2〜6人
主人お奨め人数 4〜6人
ワンプレイ時間 約30分
その他 な し

本サイト内のリスト・データ等の転載及び二次使用を禁止します。