操り人形(Ohne Furcht und Adel)


さまざまな特殊能力を駆使して勝利を目指す

操り人形は「建物カード」をコインと引き換えに場に出していき、
最も価値の高い建物を建築した人が勝利するゲームだ。

このゲームには、8つの職業が登場する。

8つの職業とは「暗殺者・泥棒・魔法使い・国王・伝道師・商人・建築家・傭兵」
各職業にはそれぞれ特殊能力が設定されている。
各プレイヤーは、これらの職業の中から好きな職業を選択。
その特殊能力を駆使して勝利を目指す。

職業は、毎ターンごとに選択する。
つまり、現在の状況に合わせ、最も効果的な職業を選ぶことが基本となる。
しかし各職業の定員は1。
先に誰かにその職業を選ばれてしまうと、もうその職業は選べない。
しかも職業の決定は秘密裏に行われるため、
(職業カードの束を順に廻し、好きなキャラを抜いていく方式)
誰がどの職業に就いたのか、わからないのだ。

こうしてゲームを進めていき、誰かが個人で8つ目の建物を建築したところでゲーム終了。
その時点で建っている建物の価値の合計が最も大きいプレイヤーの勝ちとなる。

各職業の特殊能力以下の通り。

暗殺者
職業名(プレイヤー名ではない)を指名。
指名された職業のプレイヤーは殺されてしまい、そのターンは何も行動できない。
泥棒
暗殺者同様、職業名を指名。
指名した職業のプレイヤーからコインを全て奪い取れる。
魔法使い
A/他のプレイヤーの誰かと手持ちカードを全て交換。
B/手持ちのカードを全て捨て、同数のカードを新たに得る。
上のA・Bの内、どちらか一つを選択できます。
国王
次のターン、一番初めに職業を決める権利があります。
また、黄色系の建物から臨時収入が得られます。
伝道師
傭兵に建物を壊されることがありません。
(全ての職業の中で唯一の"受身"な能力です)
また、青色系の建物から臨時収入が得られます
商人
無条件に1コイン得られます。
また、緑色系の建物から臨時収入が得られます。
建築家
無条件にカードを2枚得られます。
また、1ターンに3つまで、一度に建物が建てられます。
(他の職業は1ターンにつき、1つの建物しか建てられません)
傭兵
コインと引き換えに、他のプレイヤーが建築した建物を破壊できます。
また、赤色系の建物から臨時収入が得られます。

デ ー タ
プレイ可能人数 4〜7人
主人お奨め人数 6〜7人
ワンプレイ時間 約60分
その他 2000年ドイツゲーム大賞ノミネート
2000年ドイツカードゲーム大賞受賞

本サイト内のリスト・データ等の転載及び二次使用を禁止します。